薬の説明書をなくした場合にも便利です
「病院でもらったお薬の成分を知りたい」「今飲んでいる薬の副作用を調べたい」。そんなときに役立つサイトと、各サイトの上手な活用法をまとめました。


何の薬か調べたい

すこし専門的ですが、以下のようなサイトを活用すると便利です。コードや医薬品の名前を入力することで薬の種類が分かります。ただ、解説は少し専門的です。

ジェネリックがあるか調べたい

今飲んでいる薬がジェネリックか、また、今飲んでいる先発品と同じ成分のジェネリックがあるか、薬価(国で決められた薬の値段)はいくらかなどが分かります。

※薬局によっては、流通や品質(データの充足)などを考えて希望のジェネリックを取り扱っていない場合もあります。

OTC医薬品を調べたい

症状から薬を検索することもできますし、外箱や説明書をなくしてしまったときにも薬自体に書いてあるコードから何の薬かを調べることができます。

その他、飲み合わせを紹介しているページもありますが、登録・閲覧は医療機関にいる医療従事者のみに限られています。飲み合わせなどが心配でしたら、かかりつけの薬剤師に相談してみてくださいね。

また、お薬は正しい飲み方について知っておくことが大切です。「お薬をジュースで飲んだら効果がない?」「食間は食事中のこと?」 そんな基本的な疑問に、「正しい飲み方・服用方法」でお答えします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項