大きめのシャワーヘッドで浴び心地抜群のお風呂に

シャワーバー

真上からのシャワーは浴び心地がよく、しっかりとリラックスできるはずです(画像提供:TOTO株式会社)。

暑い時期などでは湯船につからず、サッとシャワーを浴びてさっぱりしたいという方も多いはず。そんな暮らし方をスタイリッシュに変えてくれるリフォームとしてバータイプのシャワー水栓を設置してみてはいかがでしょうか。大きめのヘッドから降り注ぐシャワーはいつもの入浴だけでなく、出勤前、スポーツ後といった気持ちの切り替えタイミングにも大活躍しそうです。

既存の浴室水栓を交換して設置するタイプであれば、大掛かりな給水管工事が不要で、約半日~1日でリフォームが完了、費用も15万~30万円程度です。シャワーバーを支持する金具がしっかりと壁に固定されるように工事してもらうことが重要です。また選定する機種によっては頭上からのシャワーだけでなく、手持ちシャワー、固定ノズルからのシャワーが利用できるものもあるので、カタログを十分にチェックしておきたいものです。

実は浴室窓にも施工できる二重サッシ

二重サッシ

浴室にも二重サッシを設置することで、断熱・遮音性が向上します。浴室仕様のタイプを選定するのがポイントです(画像提供:株式会社LIXIL)。

省エネ住宅ポイントでも知られるようになった二重サッシ。現在の窓の内側にもうひとつの窓を設置することで、断熱や防音効果が向上するのが特徴ですが、浴室窓にも設置できることはあまり知られていません。真夏のじんわりした暑さや、真冬の冷気が窓から入ってくることを防ぎ、より快適にお風呂タイムを満喫する上で、とても有効なリフォームプランです。

工期は数時間~半日、費用は5万~8万円程度で対応できる手頃なリフォームですが、水がかかりやすい場所なので、「浴室仕様」のものを選ぶようにして、既存窓の寸法と状況を確認してもらった上で工事してもらうようにしましょう。

浴室リフォームにはメニューも多彩

今回ご紹介したこれらのアイテムは、通常は浴室全体のリフォームに合わせてオプションとして紹介されることがほとんどです。浴室の改修が近々計画されているのであれば、浴室全体のリフォームと一緒に実施した方が良いのですが、すでにリフォームしてしまった、もしくは現在の浴室が気に入っているという場合に、部分的なグレードアップリフォームとして用いることができます。

浴室は日本人にとって思い入れが強い場所です。快適で楽しいバスタイムをリフォームで手に入れてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
システムバスリフォームの価格相場とオプションの話
寒いお風呂にサヨナラ!ポカポカ浴室リフォームの費用




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。