Q:「リフォームの見積りを依頼するときに、どうして現場調査が必要なのですか?」
工事前の打ち合わせ
現場調査は正確な見積りをするための重要な作業です。
リフォームしようと思うのですが、チラシやホームページなどで業者を見つけたので、いくつかの業者に見積りを依頼したところ、ほとんどの業者が住まいを見せて欲しいと言ってきました。家族以外の人に室内を見せたくないのですが、現場確認は本当に必要なのでしょうか?

A:「工事費用のトラブルの防止にもつながりますし、業者のチェックとしても有効なので、ぜひとも現場を見てもらうようにしましょう。」
リフォームはある程度の金額相場があるとしても、住まいごとに施工状況が大きく異なる性質のものなので、金銭トラブルや工事トラブルを防ぐためにも、ぜひ業者に工事予定箇所を見てもらってから、見積り書を提出してもらうようにしましょう。

数千円の積み重ねが大きくなる!?

差が付く見積り
見積りは様々な金額の積み重ねです。少しずつの積み重ねで差がつきます。
リフォームを考える時に、いちいち業者と工事内容について打ち合わせするのは面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、リフォームトラブルの多くが打ち合わせや現場確認をおろそかにしたことから発生しています。

リフォームは下地の状態や周囲の状況など、実際に見たり触ったりしないと判断できない部分があるため、たかが数千円、数万円と言っても、それらの見積り違いの金額が積み重なれば相当な金額差になります。こういった価格提示のトラブルを避けようとする業者であれば、見積り前のしっかりとした現場調査を重要視するのです。

見積り前の現場調査をおろそかにする業者ほど危険!

つまり、とりあえずの金額を提示して工事に取り掛かっておいて、その後様々な理由をつけて値段を吊り上げようとする業者ほど、金額の提示を安易に考えている傾向が強く、リフォームの後でトラブルになることが多いのです。

チラシを見て業者に問い合わせた時には割安な金額であったにもかかわらず、実際の工事に取り掛かってから、標準工事に含まれていない工事(例えば下地補修・補強工事)で追加費用が発生したり、グレードの高い設備品への交換を勧められたりして、結果的に当初の金額よりもはるかに高額になってしまったということがよくあるのです。

工事規模の大小に関係なく、安易に工事を考える業者は結果的にトラブルを誘発してしまうので、リフォーム見積りを業者に依頼する時は、必ず工事予定の箇所を事前に確認してもらうようにしましょう。

次のページでは、工事業者にスムーズかつトラブルなく現場調査してもらうためのポイントをご紹介します。