妊娠や胎児への影響は認められない


EDで家族計画
ED治療薬は不妊治療の一助としても大活躍!
前ページで「胎児にも影響ありません」と書いたように、ED治療薬には妊娠や胎児への影響は認められません。

特に新婚間もない患者さんや子どもを望んでいる患者さんから「精子の働きが衰えるのではないか」「服用中に妊娠すると子どもに悪影響が出るのではないか」という相談を受けることがあります。

結論を先に言えば、ED治療薬は文字通りEDを治す薬ですから、精子そのものに悪影響を及ぼすことはありません。不妊症の治療にも使われているくらいですから妊娠への影響もありません。それほど安全な治療薬です。

妊娠への影響については最初のED治療薬が発売される前に動物実験が行われていますが、精巣(睾丸)の重量や生殖器全体への変化は認められず、精子の遺伝子への影響も報告されていません。

奇形や障害の報告例もなし


胎児の成育に関する動物実験でも、奇形を引き起こす性質や致死作用は認められなかったと報告されています。ED治療薬が発売されて以来、服用中に妊娠したケースはかなりの数に上ると思われますが、明らかにこの薬が原因で不都合な事態を招いたという報告例もありません。ですから、ED治療薬は精子の機能に影響を及ぼしたり、奇形や障害を持った子どもができたりする心配はないと考えられています。

その意味では、むしろ妊娠してからの飲酒のほうが胎児への悪影響は大きいでしょう。

若い患者さんがED治療薬を使用すると精子が減少して不妊症になるといった“伝説”もあるようですが、まったく根も葉もないものです。心置きなくED治療薬を使って、精子の大遠征を手助けしてあげてください。

<関連リンク>
>>EDってどんな症状?なぜなるの?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。