Q:「耐震・断熱のリフォームは、他の工事と一緒が割安になるって本当なの?」
耐震・断熱工事
壁を解体して施工する関係上、他のリフォームも合わせて実施した方が無駄が少なく、総合的に考えるとお得になることも!
長年住んでいる住まいの冷暖房効率が悪く、耐震性も心配だったので、業者に耐震・断熱リフォームについて相談したのですが、「他のリフォームと一緒に実施した方が割安だ」と説明されましたが、本当でしょうか?

A:「壁内工事の都合上、他にもリフォームの予定があるなら割安になります」
耐震工事や断熱工事では、壁や天井などを部分的に解体し、その内部に補強材や断熱材を入れ、再びきれいに仕上げる必要があるため、この機会に合わせて内装・水回りリフォームなどを実施すると、別々にリフォームするよりも工事費用を抑えることができます。

住まい内部の工事だけではもったいない!

古い住宅の耐震化を検討する場合、一般的には筋交い(すじかい)と呼ばれる部材や、耐震用壁材を必要な箇所に設置します。これらは室内側の壁を剥がして壁内部を露出させ、補強部材を取り付けます。

さらに断熱化工事の場合は、この時壁内部に断熱材を充填し、壁を元の通りに仕上げていくので、耐震工事と断熱工事は一括に実施した方が解体工事が1回で済むため、耐震工事と断熱工事を別々に実施するよりも費用を抑えることができます。

また、耐震・断熱化工事だけでなく他のリフォームとあわせることでも、解体や補強・復旧工事を兼ねることができ、無駄の少ない工事になります。

キッチンを壁付き型から対面型に入れ替える場合などの水回りリフォームにおいて、壁や床の大掛かりな補修と、給排水管の引きなおし工事が生じますが、こういったリフォームと合わせて壁を補強したり、床に断熱材を入れたりすれば、費用を総合的に抑えることができるのです。

例えば、耐震・断熱だけのリフォームで150万円掛かるとして、浴室・洗面脱衣室のリフォームが120万円だとすると、2つ同時に実施したとしても150万円+120万円=270万円にはならず、重複する解体工事や管理費があるために、それぞれ個別にリフォームするよりも安く上がるということは珍しくありません。

次のページでは、耐震・断熱を取り入れたリフォームを実施する時に気をつけておきたいポイントをご紹介します。