肩こりの原因は、「首の筋肉が足りないからだよ。」と言われたことはありませんか? 肩こりをどうしても改善させたいため「じゃ、首を鍛えればいいんだ!」と首の筋トレを開始。ところが…、首を鍛え始めてまもなく問題が発生! 肩こり解消のための首の筋トレが招く、よくある失敗をご紹介しましょう。

肩こりの原因は首の筋肉が無いから?

女性は男性よりも肩こりになりやすい!?

女性は男性よりも肩こりになりやすい!?

女性の肩こりで多いと言われる原因のひとつに、「首が長くて細い、それに加えて筋肉が足りないから肩こりが起こる。」というものがあります。 

確かに女性は体の構造上、男性と比較すると筋肉の量が少なく、関節の支持力も弱いと言われています。首が長いと頭を支えるための負担が大きいなど。ですが、これらの条件が必ずしも肩こりの自覚症状には繋がらない場合もあります。


肩こりの原因を調べたAさんの例

頭を下にむける時間が長いと首に負担がかかります

頭を下にむける時間が長いと首に負担がかかります

ここで23歳女性Aさんの例をご紹介しましょう。Aさんは慢性的な肩こりに悩む会社員。仕事内容はデスクワークで、1日机に向かっています。肩こりは入社してからのため、頭をやや下に向けるようなデスクワークでの姿勢が原因だと、Aさんは思っています。


Aさんは肩こり解消法をインターネットで調べてみました。すると自分に当てはまる内容が書かれているサイトにたどり着きました。その内容とは…?


首を鍛えるには筋トレ!?

肩こりの人が首を鍛えるには注意が必要です

肩こりの人が首を鍛えるには注意が必要です

Aさんが調べた自分に当てはまる肩こりの原因は、デスクワークによる猫背姿勢では首の筋肉に負担がかかり、肩こりを起こしやすくするというものでした。
 
Aさんは自分を振り返ると「確かに仕事中は猫背で、途中で首の後ろが張ってきてしまい、首の筋肉を指圧するのがクセになっているなぁ。」と思いました。

「首が長くて細い女性は、肩こりになりやすいので、首に筋肉をつけて頭の重さに耐えられるようにするとよい。」サイトに書かれたこの部分にも、首が長くて細いAさんは納得です。

そこで、早速「首の筋力トレーニング」を調べ実行しました。「トレーニングにも色々あるものだなぁ。」と思いながらも1つ選び首の筋トレを開始早々、Aさんの首に違和感が…。さてどうなったのでしょう?
 

首の筋トレの結果は…

筋肉を鍛えるために負荷をかけたAさんの首には、鈍い痛みが伴いました。ですが「筋肉が足りないせいだ。」と痛いながらも頑張りました。

結局、つりそうな痛みが出たため断念することになりました。その晩から首が不調に…。翌朝はいつもの肩こり以上に、首の筋肉がパンパンに張って硬くなり、頭を動かす度に痛みが伴う状態になってしまいました。頭痛も起こりそうです。
 

 

どうして首が痛くなったの?

首の状態や肩こりの程度を考慮したトレーニング選びを

首の状態や肩こりの程度を考慮したトレーニング選びを

何故このような結果になったのでしょうか? まず、トレーニングの種類の選択に問題がありました。肩こりの人は肩こりの無い人に比べ、首の筋力を発揮させる機能が低下している可能性があります。これは筋肉の量に関係なくです。

ですから、肩こりの無い人には適している筋トレであっても、首の筋肉の機能が不安定な肩こりの人にとっては、筋肉や関節への負荷が強まり逆効果となる可能性があるのです。

 

肩こりの人が筋トレをするには?

筋トレをするのであれば低負荷なものを選択するか、トレーニングの前に首の筋肉をほぐして筋肉の機能を回復させて、肩こりがある程度改善されてから、筋トレを開始したほうが安全だと思います。

トレーニング選択に迷いのある方は、まずは首、肩甲骨周りの筋肉をほぐす体操からお試し下さい。




 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項