寝違え対処の落とし穴

寝違えは「放っておけば治る」と思われがちですが、「自分で首のマッサージをすると早く治るかも」と、痛い部分をつい触りたくなってしまうかもしれません。しかし、専門家が行う以外はNGです。正しい対処は、症状の軽減を促しますが、自己判断により間違った対処をしてしまった場合は、治りを遅くしたり悪化させてしまいます。思わずやってしまう危険な対処法には次のようなものがあります。
  • 肩こりが原因だと思い込み、首~肩のマッサージを自分で行う(専門家以外は危険です)
  • 痛みのある部分を温める(温めて良いかの判断が難しい状態です)
  • 痛みを我慢して首をストレッチする
  • 首をぐるぐる回して体操をする
  • お風呂で長時間温まる

早急にやろう! 寝違えの対処法

冷却は氷嚢、水をくぐらせた氷をビニール袋に入れたものでもよいです

冷却は氷嚢、水をくぐらせた氷をビニール袋に入れたものでもよいです

寝違えでは、痛めた部分が炎症をおこしている可能性があり、寝違えた直後は冷却が適してるとされています。

軽度の痛みでは、温めても問題がない場合もありますが、悪化する場合もあるため、判断に迷うときは冷却が無難です。2日ほどで炎症が治まりますので、温めて良いのはそれからになります。体操やストレッチも様子を見ながら徐々に試していきます。

寝違えの冷却方法は?

冷却方法は、タオルを巻いたアイスノン、アイスパックを痛む部位に10分程当てておきます。10分間経過したら外した状態で10分間そのままにしておきます。その後再度約10分間冷却し、10分間外します。これを3~4セット行いましょう。

横になれる場合は、低めの枕に仰向けになり、楽な首の高さになるようタオルを重ねて調整します。横になると、頭を支える筋肉に負担をかけず冷却が出来ます。

悪化する場合は病院へ

通常は2~3日で症状が軽減していきますが、長引いたり悪化していく場合、痛みが強い場合は、整形外科で検査を受けましょう。寝違えは、特に前兆が無かった場合でも、身体への負担を知らせるものです。ですから、寝違えたときは、首や肩周りのコンディションや体調に目を向けましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項