不妊治療で使われる主なお薬

薬についての知識も知っておく必要性があります

薬についての知識も知っておく必要性があります

不妊治療で最もよく使われる薬剤は、「排卵誘発剤」といわれるものです。その種類は下記の通りです。
・HMG(ヒト閉経ゴナドトロピン 注射)
・FSH(卵胞刺激ホルモン 注射)
・HCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン 注射)
・クロミフェン(経口)

これらの薬剤は卵巣を刺激し、卵胞が大きくなるのを促し、排卵に至るまでをサポートしてくれます。副作用としては、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と多胎が挙げられます。


体外受精の場合、ホルモンを抑制する薬剤を使用する場合もあります。GnRHアゴニスト、GnRHアンタゴニストと言われる薬剤です。これによって、卵子の生育を助けたり、卵子が予定時期よりも早く排卵しないようにコントロールします。


その他、不妊の原因となる疾患の有無によって治療薬は変わってきます。たとえばクラミジア感染が見つかれば、抗生物質治療を行わないといけないですし、無月経や月経異常の場合、ピルなどでホルモンの調整を図ることもあります。それは患者さんの身体の状況とその疾患の優先順位において治療が選択されます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項