ホルモン補充療法による更年期障害の治療法

更年期治療の中心はホルモン補充療法

更年期治療の中心はホルモン補充療法

更年期障害の治療の中心は、足りなくなった女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」。

卵巣からは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが出ていますが、閉経を迎えると、これらのホルモンが同年齢の男性よりも少なくなってしまいます。更年期障害の原因となっているのは「エストロゲン」の不足。そのため、更年期障害の改善には「エストロゲン」を何らかの形で補うのが最も効果的です。

「エストロゲン」を補う方法として、注射・飲み薬・貼り薬(パッチ剤)・塗り薬(ジェル剤)があります。一般的によく使われているのは飲み薬とパッチ剤です。パッチ剤のいいところは、飲み薬と違って肝臓の機能があまりよくない方でも使えるという点ですが、2~3日ごとにシール状のホルモン剤を貼るので皮膚が弱い方はかぶれたり痒くなってしまうことがあります。

また、更年期障害の改善のためだけであれば「エストロゲン」を補うだけでいいのですが、子宮がある状態でエストロゲンのみを補い続けると、子宮体がんのリスクが高くなってしまうという欠点があります。そのため通常、子宮のある方にホルモン補充療法を行う時は、エストロゲンと一緒に「プロゲステロン」の飲み薬やパッチ剤を組み合わせて使います。

ホルモン補充療法の注意点は、長く続けていると乳がんのリスクがわずかに高くなることや、薬による肝臓への影響が出ていないかを定期的にチェックする必要があることなどです。なので、ホルモン補充療法中は特に、子宮がん検診・乳がん検診・一般の健康診断をさぼらずに年に1回は一通りのチェックを受けるようにしましょう。
 

漢方薬・サプリメントによる更年期障害治療

更年期障害の症状を速やかに改善するにはホルモン補充療法が最も有効ですが、ホルモン補充療法の補助的役割やホルモン剤を使うほどではない場合に漢方薬やサプリメントを使うことも。
冷えや何となく疲れやすいといった症状に対しては、プラセンタの注射が有効な場合もあります。

例えば、ホルモン補充療法でのぼせやほてりはなくなったけれどめまい感がスッキリ解消されないという場合、めまいに対して追加で漢方を使ったりします。また、症状がそれほど強くはないけれど様々な不調がある場合や、ホルモン剤そのものに抵抗がある方の場合、症状と体質に応じた漢方薬を処方したり、サプリメントをお勧めしたりすることもあります。更年期の方によくお勧めするサプリメントは、大豆イソフラボン・ピクノジェノール・チェストツリー・ブラックコッホッシュ・グルコサミンなど。

更年期障害のメンタル面の治療法

症状の中心が不眠や気分の落ち込みなどメンタル面の不調の場合、睡眠導入剤や抗うつ剤・抗不安剤などの薬や、カウンセリングによる治療を併用していきます。更年期障害が出やすい方に共通しているのが、まじめで人に頼るのが苦手で頑張りすぎる傾向というキャラクター。カウンセリングによって「頑張らなくてもいいんだ」ということに気付き、自分を甘やかす事を許せるようになるだけでも症状が軽くなることがあります。

更年期は次のステージへのつなぎ役

更年期は、閉経後に女性ホルモンがほとんどない状態で過ごす約30年の準備期間といえます。更年期障害は、次のステージへ行く前に「ちょっと毎日の過ごし方や自分の体のメンテナンスについて考え直してみて」という体からのサインなわけです。不調をきっかけに生活リズムを整えたり、食生活を見直したり、今まで後回しにしていた「自分のお世話」をしてみてはいかがでしょうか。

また、更年期という時期は心身の状態が変化しやすいだけでなく、夫の定年や子どもの受験や親の介護など、ライフイベントにおいても大きな変化が起きやすい時期です。ある意味「今は色々重なってるだけ」と割り切って、症状が落ち着くまで毎日の生活を少しペースダウンして自分のことにかまけてみましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項