口内炎の予防

寝不足
口内炎は疲れや睡眠不足のときに現れやすい!?
最も一般的な「アフタ性口内炎」では、原因が不明なので確実な予防法というものはありませんが、体の抵抗性が低下しないようにすることや、慢性的な粘膜への刺激が繰り返されないように心がけることは、口内炎予防に役立つと考えられています。

口内炎の予防のポイント
1. 体調管理
疲れが溜まったり、睡眠不足、ストレスなどが重なった際に、口内炎が起こることがあります。

2. 煙草や温度刺激に注意
煙草や70℃以上の温度刺激が原因となって、口内炎になりやすい場合があります。

3. 口の中を清潔に保つ
プラークや歯石など口の中が汚れている場合などは、口内炎になりやすい場合があります。

4. 入れ歯や咬み合わせもチェック
合わない入れ歯を使っていたり、削れて鋭く尖ってしまった歯や、頬を噛みやすいなどの状態は、口内炎になりやすいと考えられます。

口内炎の治療
口内炎は、しっかりとした食事や睡眠をとることで、1~2週間程度で自然に治るのが一般的です。2週間以上続くときや、短期間に数が極端に増加し場合などは、一度病院での検査をオススメします。

小さいうちになるべく早く治してしまいたいという場合には、口内炎用の薬なども有効です。病院では副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)、抗菌剤の軟膏などを処方するのが一般的です。概ね2~3日で治るようです。

歯や入れ歯などの尖った部分が原因の場合には、調整が必要になることもあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。