親知らずは抜く? 抜かない?

どんなにしっかり歯磨きをしている人でも、痛くなったり腫れたりする可能性があるのが、「親知らず」です。親知らずとは、主に思春期ごろから、生えてくる一番奥の歯のことで、最大で上下左右4本生える可能性があります。

年齢的には、思春期以降であればいつでもトラブルになる可能性はあります。無事に一生涯過ごせることもあれば、80歳代になって突然親知らずが痛くなったなんてケースもあります。

親知らずを抜くか抜かないかで最も一般的なのは、腫れや痛みなどのトラブルが起こった際に、親知らずが歯としての機能(咬む)しているか? その後歯磨きがきちんと行なえる場所か? などが大きな判断基準になります。

そこですでに痛くなっている人も、もしかしたら親知らずが痛くなるのかも? と心配な人にもお役に立てるように、「親知らず」について分かりやすく説明します。親知らずのポイントを以下の3つに分けましたので、親知らずについて、参考にしてください。

親知らずの基礎知識

1.親知らずが引き起こす最悪の結果とは? >>
たかが親知らず、されど親知らず。命にかかわるケースとは?

2.抜かずに済む!? 親知らずの温存法 >>
粘れるうちは粘ってみたいという方はコチラを。

3.親知らずの治療・抜歯のリスクと注意点>>
少し覚悟はいりますが、抜いてしまえば一生涯安心です。

親知らずは、誰もが持っているわけありません。概ね3割程度の人は親知らずが存在していないと考えられています。痛くなる場合の多くは、最も遅く生えてくるため、生えるスペースが足らなくなり、斜めに傾いて手前の歯にぶつかったり、顎の内部で横になって倒れてしまったり、まずきちんと生えないその歯の位置が問題となります。

さらに歯茎の内部に隠れている歯の周囲に、汚れが蓄積して、歯茎が炎症を起こして腫れたり、親知らずが虫歯になったりするなどして、痛くなるのです。

親知らずの存在は、口の中に見えないうちは、病院でのレントゲンで発見するしかありません。親知らずが発見されたら、必要があれば、後で紹介する温存法を心がけても良いでしょう。

まず腫れや痛みを我慢に我慢を重ねると、最悪の場合どんなことが考えられるのか? 考えてみましょう。

親知らずが引き起こす最悪の結果とは?>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項