慢性頭痛の種類

定期的に同じような程度の痛みを似たパターンで繰り返す慢性頭痛。慢性頭痛は大きく以下の3つに分類できます。

■緊張型頭痛
ありがちな光景・・・

毎日感じる肩こりや頭痛も慢性頭痛の一つ


いわゆる「よくある頭痛」。日常的に痛みを感じ続ける慢性頭痛で、患者数も多く、日本では数千万人いると推定されています。心身のストレスと関係が深く、同時に肩こりを訴える人が多いのも特徴。

■偏頭痛(片頭痛)
痛みを感じるのは月に1~2回という場合が多い頭痛。女性の場合、緊張型頭痛と偏頭痛の両方を持つ混合型が多いとされています。

■群発頭痛
以前は偏頭痛の仲間に分類されていましたが、偏頭痛より頭痛の回数が多く症状が重いのが特徴。患者数は数万人程度。

同じ慢性頭痛でも、頻度や深刻度はさまざま。以下、それぞれの特徴や症状の違いについて解説します。

緊張型頭痛に特徴的な症状

緊張型頭痛の頭痛の症状は以下の通り。
  • 同時に肩こりを感じる
  • 頭を締め付けられている感じの痛みである
  • 頭が重い感じがする
  • めまいを感じることもがある
  • ストレスが増すと強くなる
  • 休息すると軽くなる
  • 仕事や日常生活に大きな支障はない
  • 市販薬で改善する傾向がある
医療機関を受診することが少ないのが緊張型頭痛。精神的なストレスとも肉体的なストレスとも深く関係すると考えられており、学校や職場が変わった場合の対人関係によるストレスはもちろん、パソコンの液晶画面を長時間見て長時間同じ姿勢を続けるなどの肉体的なストレスも原因になります。

同時に肩こりを訴える人が多いのも特徴の一つで、目の疲労や全身倦怠感(疲れ)を訴えることもあります。まれにめまいを伴いますが、めまいの原因が緊張型頭痛であることも。


偏頭痛(片頭痛)に特徴的な症状

偏頭痛には特徴的な症状があるため、問診だけでも診断可能と考えられています。しかし実際は、緊張型頭痛と偏頭痛の両方の症状を持ついわゆる「混合型頭痛」の人もいるため、症状だけで断定するのが困難な場合も。典型的な偏頭痛の症状は以下の通りです。
  • 女性に多い
  • 親も頭痛持ちなど、遺伝性がある
  • 最初の症状自覚は若い年齢時が多い(女性の場合は月経がある期間)
  • 頭痛の発作には間隔がある
  • 月経前や月経中の女性の頭痛は、偏頭痛の可能性が高い
  • 体調面での前兆(頭痛が起こる数日前に、あくび、空腹感が強くなる等)を伴うことがある
  • 精神面での前兆(頭痛が起こる数日前に軽いうつ状態やイライラ感、怒りっぽくなる等)を伴うことがある
  • 予兆(頭痛直前の体調変化)がある場合がある
  • 予兆としては視野の異常や視覚の異常(例:閃輝暗点[せんきあんてん]目の中で光が見える)
  • 頭の片側の痛みが多い(まれに両側性もある)
  • 痛みの持続は数時間から数日間
  • 痛みはズキンズキンとした拍動性のあることが多い
  • 吐き気を伴うことがある
  • 肩こりがあっても混合型や偏頭痛の可能性がある
  • 生活習慣と関係する(例:飲酒が発作のきっかけとなる)
  • 仕事や日常生活に支障がある場合ある(例:寝込むことがある)
原因は諸説ありますが、頭痛発作時に血管に作用する薬が有効なことが多いので頭部の血管が関係していると考えられています。以前は注射による治療がメインで、有効な経口薬剤が日本で発売されたのは21世紀になってから。昔から頭痛に悩まされているのに、病院での処方薬を飲んだことがない人もいるようです。慢性的な頭痛に悩んでいる場合は、病院での診察と薬の処方を受けるのも有効。市販薬が効かず偏頭痛の処方薬で改善下場合は、偏頭痛である可能性が高くなります。

群発頭痛の症状、特徴

1日のうち決まった時間に頭痛が起きるのが特徴で、群発地震のように痛みが治まってもしばらくするとまた痛みが起こります。改善と再発を1日のうちに繰り返すのが特徴です。群発頭痛は患者数が少ないため、診療で見落とされてしまう可能性も。治療では偏頭痛用の薬を使いますが、改善が難しいのが現状です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項