医師たちは最適な治療法方を常に考えています

医師たちは最適な治療法方を常に考えています

脳・神経の病気の治療法には大まかに分類すると以下の5つです。
  • 手術治療
  • 薬物治療 (内服)
  • リハビリテーション
  • 放射線治療
  • 再生治療 
それぞれの治療法には、メリットとデメリットがあるので、病状に応じた適切な治療法を選択します。

手術治療

手術治療では身体を切ったり、麻酔をかけたりするため体力的にも負担が大きいのは否めません。しかし、以下のような場合には、積極的に手術治療を考える必要があります。

脳梗塞・水頭症・脳内出血・頭部外傷・脳腫瘍など……脳内の圧力が高いことが予想されるため
■くも膜下出血・脳動静脈奇形など……再度、脳に出血が起こる可能性が高いため
■脳梗塞・内頚動脈狭窄症など……脳血管が細く、詰まる可能性が高いため 
■椎間板ヘルニア・顔面痙攣・三叉神経痛など……神経への圧迫を取り除けば、症状が軽くなる可能性が期待できるため
■パーキンソン病・本態性振戦・ジストニアなど……電極の刺激により脳の機能が回復する事が期待できるため

脳・神経の手術は非常に細かい技術が要求されるので、一般的に顕微鏡を用いて行います。手術技術と器械の発展により、体に負担の少ない「低侵襲(ていしんしゅう)手術」も可能になりました。たとえば、くも膜下出血の手術の場合でも、頭部を大きく切開せず、細い管のようなカテーテルを使って行う血管内手術が普及しています。これによって、高齢者でも安全に手術を行えるようになってきました。

しかし、どのような場合でも、手術さえすれば全てが完治するということではありません。病状に応じて適切な手術方法を選択していくことが必要です。

薬物治療

ほとんどの脳・神経の病気に対して、まず考慮される治療方法です。薬物治療は、血液内に直接有効薬剤を投与する点滴治療と、口から飲む内服治療に分類されます。

手術治療と比べ、体にかける負担は小さいのですが、薬に対する副作用や
複数の薬を投与することによって生じる相互作用に注意しなければなりません。
ですから、いつも飲んでいる薬のリストを作成しておいて、初めて受診する医療機関には必ず持参し、確認してもらうことが大切です。

近年、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品が注目されていますが、これを利用すると、月々の薬代が安くなる事もありますので、主治医と相談してみましょう。
 

リハビリテーション

脳・神経の病気は、歩けなくなったり、言葉が出にくくなったりする後遺症に悩み、日常生活を営むことが困難になることが多いものです。積極的なリハビリテーションを行うことにより、後遺症を少しでも軽減することが必要になってきます。
病院で行っているリハビリテーションには以下のようなものがあります。

■理学療法
歩くことを訓練したり、関節の動きを滑らかにしたりするリハビリテーション。障害を受けた体の動きを円滑にしたり、痛みを取ったりします。また、日常生活を安全に送るために、杖や車椅子などの福祉用具の選定や住宅改修のアドバイスをしたりします。

■作業療法
洗濯物をたたんだり、料理を作ったり、文字を書いたりする日常生活における動作の訓練が中心になります。仕事への復職支援も行うことがあります。

■言語聴覚療法
言語聴覚療法は、他人とのコミュニケーションを円滑に行うために言葉の発生を訓練したりとスムーズに食事を飲み込むための嚥下訓練が中心になります。

リハビリテーションはすぐに効果が出るものではなく、長い時間を必要とします。実際の医療現場でも、治りたいという本人の意思だけではくじけてしまうことがあるもの。家族や友人のあたたかい精神的なサポートが大きな支えになりますので、身近な人たちも積極的にリハビリテーションにかかわっていくことが望まれます。

 

放射線治療

ガンの治療に行われる放射線治療は、脳・神経の病気でも行われることがあります。脳・神経の分野では、正常な脳を脳含めて脳全体に放射線治療を行うこともありますが、病気の部分だけに放射線を狙い打つ事が出来るガンマナイフと呼ばれる放射線治療装置を使用することが一般的です。この装置は、特殊な脳腫瘍・脳動静脈奇形・三叉神経痛などの病気に良く効きます。

近年、放射線治療の器械は色々開発されていて、ロボットアームに放射線治療装置を取り付けたサイバーナイフという装置があります。また、放射線ではなく、粒子線を利用した重粒子線治療という新しい治療方法も開発されています。
 

再生治療

いままでの科学において、脳・神経はダメージを受けると再生しないというのが常識でしたが、近年では脳・神経の再生も不可能ではなくなってきました。
患者さん自身の骨髄にある幹細胞を取り出して培養させ、患者の血管へ再度もどすことで肝細胞の持つ再生力を発揮させ、病気によって傷ついた脳・神経を再生させるという治療法です。

まだ、確立された治療方法ではありませんが、これから研究が進み、安全性や治療効果が確認されたら、医師にとっても夢の治療法が実現することになります。


神経内科検索
脳神経外科検索

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。