女性の体にとって大事な女性ホルモンは、閉経後には減少していきます。どんな変化がおこるのか、ご紹介しましょう。
 

女性ホルモンが減ることでおこる症状

女性ホルモン

閉経してから不調が続く……女性ホルモンの働きを知って、体の変化とうまくつきあっていくことが大切です

女性ホルモン、主にエストロゲンは様々な作用を持っています。エストロゲンが不足することで、閉経後におこりやすくなる病気は以下の通りです。

■骨粗鬆症→骨折
骨量を保つ働きがある女性ホルモンが減ることで、骨粗鬆症がおきたり、骨折しやすくなったりします

■高脂血症→脳梗塞・心筋梗塞など血管の病気のリスクの増加
女性ホルモンが持つ血中の脂質を下げる働きが弱まるため、リスクが高まります

■アルツハイマー病
重度の物忘れに似た症状が出るアルツハイマー病。年齢だけでなく、女性ホルモンとの関係が深いといわれています。

■萎縮性膣炎
膣の粘膜が萎縮して膣が弱くなり、すぐ出血したりひりひりするなどの症状が出ます。

■性交障害
粘膜が弱くなるため、性交を行うと膣が乾燥して痛くなることがあります

■尿失禁
エストロゲンが筋肉、結合織など、臓器をささえるものの強度に影響しているとも言われます。

■皮膚の乾燥
皮膚や体(粘膜)が乾燥しやすくなるなどの症状がでます

女性ホルモンには幅広い働きがあるため、閉経に伴って様々な体の変化がおきることが考えられます。女性ホルモンの役割を知って、体の変化と上手につきあっていきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項