介護は報われにくい仕事です。どんなに頑張ったところで、相手から感謝されるどころか恨まれてしまうことすらあります。また、認知症があれば、コミュニケーションが難しく、それだけ徒労感が増すことに。育児と違い、いつまで続くかもわかりません。ストレスがたまった挙句、虐待に走るケースも・・・。頑張り屋さんで、ひとりで抱え込む人ほど、こんな落とし穴につまづくことは多いもの。さて、あなたは大丈夫でしょうか?


介護ストレス度をチェック!


下記の中で当てはまる項目はいくつ?
移動介助のおかげでひどい腰痛に悩んでいる
いつも気分が重苦しく、先行きが不安だ
正直、「なぜ自分だけがこんな苦労をするのだろう」と思ってしまう
何もかも投げ出して逃げ出したくなることがある
介護している相手にきついことを言ってしまう。ときには手も出る

▼0  今のところは大丈夫。これからも適度に息抜きしながら介護を
▼1~2  かなりお疲れ気味。ヘルパーさんやショートステイを利用し、介護から離れる時間を作りましょう。
▼3~5  そうとうストレスがたまっています!現在の介護サービス内容を見直してみて。施設への入所を検討したり、家族や親類に協力を呼びかけるなど、介護環境そのものを変えてみては。


こんな原因は思い当たりませんか?


自分が忙しいときなど、協力してくれる家族や親類がいない
ご近所に介護していることを知られたくないと思う
介護保険制度を利用していない
趣味や気晴らしなどはとくにない
介護の悩みについて、耳を傾けている家族や友達がいない

家族や親類にSOSを送りましょう
「介護は私の仕事」「責任を果たさなければ娘(嫁)失格」などと思い込んでいませんか?完璧な娘(嫁)を続けた挙句、壊れてしまう前に「もっと協力して!」と呼びかけましょう。

地域に頼りましょう
認知症のお年寄りを抱えている場合、「知られたくない」と思うのは自然なこと。でも、人間誰でも呆ける可能性はあります。「ウチ、在宅介護しているの。何かあったらよろしくね」などと思い切って公表を。気が軽くなりますよ。

介護保険制度はとことん利用を
スタートしてすでに5年ですが、いまだに「難しそう」「他人に介入されたくない」と制度を利用しない人も・・・。要介護認定されれば、さまざまな介護サービスを料金の1割負担で利用できます。在宅介護派なら、ヘルパーさんやショートステイ、デイサービスを活用し、もっとラクな介護ライフを。

自分の時間を作りましょう
趣味は持っていますか?短時間でもいいから、介護を忘れられる時間を作りましょう。お友達とお茶したり、ショッピングを楽しんだりするのもGOOD!「毎週●曜日の午後は自分に戻る時間」などと決めておくと、生活にも弾みがつきます。

愚痴トモを見つけて
悩みを相談できる相手は絶対必要!家族はもちろんですが、同じような立場の友人がいるとさらに心強いはず。同じデイサービスを利用しているご家族などに思い切って声をかけ、お友達になる手もあります。お互いの介護ノウハウも教えあうことができますよ。

さて、いかがでしたか?介護のストレスはためる前に発散したいもの。頑張りすぎは禁物ですよ!

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で介護用品を見る

Amazonで介護用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項