うつ病の治療の基本はお薬を飲むことです(他の治療法として、場合によっては電気痙攣療法、冬季うつ病に効果のある光療法などもあります)。

しかし、抗うつ薬はいろいろありますし、同じ薬も販売する会社によって違う商品名が付いていたりするので、抗うつ薬の名前をいっぺんに列挙すれば、頭の中がごちゃごちゃしてしまうと思います。そこで今回は、うつ病のお薬にはどういうものがあるのか、頭の中でうまくまとまるように、ご紹介したいと思います。


抗うつ薬の代表的4種類

三環系、四環系、SSRI,SNRIが抗うつ薬の代表的4種類です
三環系、四環系、SSRI,SNRIが抗うつ薬の代表的4種類です (注:この写真は実際の抗うつ薬とは関係ありません)
抗うつ薬にはその化学構造、作用機序によって、三環系、四環系、SSRI,SNRIと呼ばれるグループがあります。抗うつ薬を理解するポイントはそれが上の4つのどれに属するかにあります。

この4つのグループを開発された年代順に古いものから並べると、
三環系 ⇒ 四環系 ⇒ SSRI ⇒ SNRI
となります。新しく開発された薬ほど、うつ病の原因と考えられている脳内の神経伝達系(セロトニン、ノルアドレナリン系)に、より選択的に作用しますので、治療効果が高く、副作用が少なくなっています。

しかし、昔からある三環系、四環系に属する薬にも利点はあります。これらの薬は新しい薬と比べて値段が安いので、経済的に有利です。また、個人個人によって薬との相性が異なり、人によっては新しい薬より昔からの薬の方が良く効くという場合もあります。

次に抗うつ薬のリストを示します。>>