リンパ球が消去し忘れたがん細胞が、「がん」へ

ミスコピーは完全に消去すべし
完全に消去されるべき細胞のミスコピー。しかし、「消去し忘れ」があったときに、がんができてしまいます
私たちの体内でできたミスコピーは、通常、リンパ球と呼ばれる白血球の一種によってシュレッダーにかけられたように消去されていきます。1000個できても、2000個できても、一つ残らず、完璧に消去されてしまいます。このメカニズムについても、また、別の機会に分かりやすく説明したいと思います。

しかし、1個でもがん細胞が残ってしまうと、どうなるでしょうか。がん細胞は、2個、4個、8個、16個と、倍々に分裂していきます。それが、細胞の数が10億個、直径が1cm、重さが1gになると、レントゲンやCT、内視鏡検査などの画像検査で発見されるようになります。そこで初めて、「がん」という病名が告げられるのです。
 

なぜ、がん細胞が残ってしまうのでしょうか?

ミスコピーを残してしまう理由
がんの始まりは、消去しきれなかった一つのミスコピーの細胞です。では、消去し忘れの原因は何でしょうか
「ミスコピーされた細胞を一つでも残してしまうことが、がんの原因になる。」少し乱暴なストーリーですが、分かりやすく言うとこれががん発生の基本的な考え方です。では、ミスコピーの細胞が残る理由は何でしょうか。

それは、以下の2つしかありません。
1.ミスコピーがたくさんできすぎてしまう
2.シュレッダーの性能が落ちてしまう

「○○は、発がん性がある」と言われることがありますが、これは、ミスコピーをたくさん作りすぎてしまう、という意味で使われる事が多いです。また、がん遺伝子・がん抑制遺伝子なども、結局は、このミスコピーの細胞を作ってしまう、作らないように働きかけるということにつながります。一方、「免疫力が下がると、がんになる」と言われているのは、シュレッダーの性能が落ちていることを指しているケースがほとんどです。

こうやって考えてみると、がんができる仕組みも、かなり分かりやすくなるのではないでしょうか。これらをざっと理解しておくと、がんの治療や予防が、もっとよくわかってくると思います。まずは、大まかな流れを把握して、がんについての理解を深めていきましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項