集中力をupすれば、風邪を予防できる!?

集中力が高まれば免疫力がupする!? その秘密とは……
実は忙しいときの身体の状態は、肉体的、精神的に追い込まれ、集中力が非常に高まります。精神的に追い込まれ、集中力が高まることで、自律神経の交感神経が高まるのです。

自律神経とは、意識とは無関係に自律的に働いている神経のことです。「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、相反する働きをしています。自律神経は外的環境の変化に応じて、絶えず変化し適応しています。

そして交感神経と副交感神経は、血液の循環もつかさどっているのです。

静止状態で交感神経が働くと、手足の末端以外の身体の中心の血液循環が向上し、副交感神経が働くと身体の末端の血液循環が向上します。そして血液循環が向上すれば免疫力はアップします。身体の中心部の血液循環が高めるためには、集中力を上げて、身体の中心部の体温を上げることが有効です。

つまり次のような流れです。
忙しい → 集中力アップ → 交感神経が働く → 身体の中心部の血液循環向上 → 体温向上 → 免疫力アップ → 風邪(病気)になりにくい。

程よい忙しさは、集中力を高めて風邪の予防になるといえそうです。年末は、1年間の仕事の整理や大掃除、年賀ハガキを書くなどして、程よい忙しさで集中力を高めて風邪を予防しましょう!

もちろん、風邪の予防のオーソドックスな方法である 手洗い、うがいも忘れずに。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項