目と耳を結ぶ線上、眼鏡で言うならつるの下に発疹ができた時は要注意です。最初は痛みもなくて、ニキビ、吹き出物と思ってしまうかもしれません。次第に痛みが出て来て、時間経過とともに痛みが増した時は、顔の帯状疱疹を疑いましょう。きちんと対処しないと角膜に穴があいて失明する危険性があるのです。


水ぼうそう・帯状疱疹ウイルスはどこに潜んでいるの?

dorsal.root.ganglion"
脊髄の知覚神経は後根神経節が重要です
帯状疱疹は水ぼうそうと同じウイルスが原因です。

以前記事にしましたが、ヘルペスウイルスは人の体に生涯とりついてしまます。とりつく細胞はウイルスの種類により異なります。

水ぼうそうと帯状疱疹の原因となるウイルスは、神経が好きなウイルスです。神経は大きく、運動神経と知覚神経に分けることができます。ヘルペスウイルスは知覚神経の最前線の脊髄の後根神経節に取りついてしまいます。


帯状疱疹は神経に沿った皮膚炎です!

singles_帯状疱疹"
帯状疱疹はウイルスは神経を通って皮膚炎を起こしますf。
帯状疱疹は神経にそってウイルスが皮膚に到達することで、皮膚炎を起こして出てきます。

程度の差はありますが、神経のラインに沿って発疹が広がって行きます。最終的にはウイルスは皮膚の発疹部分にまで到達します。水ぼうそうのウイルスは空気感染ができるので、免疫がないひとはお見舞いに行っただけで帯状疱疹の人から水ぼうそうに感染してしまうこともあります。

水ぼうそうに感染してない人は、帯状疱疹の人はお見舞いに行くのは止めた方がよいのです。


>>次ページでは、目の帯状疱疹がなぜが恐いかを説明します。>>