昔は『高血圧』といえば血圧の『上』の数値、すなわち最高血圧(収縮期血圧)が心配の種でした。そのうちに『下』の数値、すなわち最低血圧(拡張期血圧)のほうが重要だという考えが一般的になりました。今でもそう思っている人がほとんどです。もちろん、日本だけではありません。世界中の人がそう考えています。医師も高血圧の治療の目標を最低血圧に絞っていました。

しかし、この2年来やはり最高血圧のほうが心臓や脳の病気の死亡率に関連が大きいという研究がどんどん増えています。
アメリカでは既に2000年の春に、NHLBI(国立心臓・肺・血液研究所)が『最高血圧』のほうが臨床的に重要であることをアドバイスしています。年齢に関係なく140mmHg以下に保つよう勧告しました。

『最高血圧』とは、心臓がポンプ作用によって収縮する時にその圧力によって血液を送り出すので、その血圧がもっとも高い状態のものを示します。『収縮期血圧』ともいわれます。高齢者や糖尿病のある人のように、動脈の血管がもろくなって弾力性が失われると心臓からの圧力が動脈壁に直接つたわってしまい、さらにダメージを大きくしてしまいます。

『最低血圧』とは、心臓が拡張して大静脈から心臓に血液が戻ってくる時のことで、動脈内の血圧がもっとも下がった状態です。
拡張期血圧ともいわれます。最低血圧が高いのは心拍の間も心臓や血管がリラックスできないことで、いろいろな原因で末梢血管の抵抗が上がることが原因だと考えられています。