もうお気づきでしょうが、低インスリンダイエットは栄養バランスをわざと崩して減量しようという、少しトリッキーなダイエットです。
炭水化物をエネルギー比5%ぐらいにするとインスリンが不足するので、仮想的な『飢餓』あるいは『糖尿病』のようなエネルギー代謝に持ち込めるのです。
従来のダイエットのように、むやみに低カロリーにすると体の貴重なタンパク質を失ってしまいます。低インスリンダイエットでは、あえて高タンパク、高脂肪、低炭水化物食に徹します。
糖尿病で痩せたことがある人なら知っていますが、ケトン尿の時は心配(!)する程急激に体重が落ちるものです。

さて、さて、『本物』の糖尿病の人はこんな過激な仮想糖尿病を試みてはいけません。しかし、炭水化物45%ぐらいの食事はとても有効です。その分インスリンが少なくて済むからです。中程度の低インスリンダイエットは『神様の贈り物』かも…
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項