糖尿病/妊娠糖尿病・妊婦と高血糖

2型糖尿病でも、私は赤ちゃんが欲しい!(2ページ目)

ぽっちゃり美人のA子さんが結婚しました。さあ、幸せな試練が待っています。A子さんには2型糖尿病があるのです。彼女にはいい知らせと悪い知らせがありますよ。

執筆者:河合 勝幸

計画妊娠の方が血糖コントロールもよい

妊娠を希望して、最良の血糖コントロールを受胎前に実現し、避妊を中止することを計画妊娠と言います。これらの用意をしないのが無計画妊娠ですが、アメリカのワシントン州の15施設で85人の糖尿病の妊婦を調べた研究では、無計画妊娠が59%、計画妊娠が41%でした。やはり計画妊娠の方が血糖コントロールがよかったのです。

糖尿病のある女性は妊娠前、妊娠中、出産、分娩後、授乳といろいろな課題があります。食事と運動だって不安ですね。パートナーの協力を得て万全を期したいものです。


糖尿病と妊娠に関連する合併症

母体の糖尿病合併症は、胎児・新生児に影響しますし、妊娠自体が母体の糖尿病合併症に影響します。たとえば糖尿病腎症や高血圧は、流産や早産のリスクを高め、胎児の発育遅延にもつながります。自律神経の障害による胃腸のトラブルは吐き気や嘔吐と共に栄養摂取を難しくして、インスリンとの調和も崩します。ですから、心臓の冠動脈に病気がある女性は、妊娠はタブーなのです。

糖尿病の陰に隠れてしまいがちですが、タバコ、アルコール、ドラッグの習慣や家族の遺伝病、家族の周産期合併症、他の病気なども医療チームに相談しておきましょう。

これでやっとコントロールが実現します。妊娠前から分娩後までベストをつくさなくてはなりません。チーム医療と家族に支えてもらいましょう。

妊娠中は母体のホルモン状態も変化して、必要なインスリン単位も変わります。栄養をどのように増やしたらいいか?は経験豊かな栄養士が指導してくれます。エクササイズも血糖コントロールと母児の健康のために必要です。
血糖コントロールはインスリンと炭水化物のバランスがとても大切です。これも妊娠前から会得しておきましょう。

いかがですか? ここまで読むととても大変に思われるでしょうね。でも励まされるエピソードもあります。1999年度のミス・アメリカ、ニコール・ジョンソンさんは1型でしたが、見事に愛娘を抱き上げました。

ニコールさんは低血糖が怖くてA1Cを「優」レベルに出来なかったのですが、妊娠を機に思い切って実現しました。その自信が毎日の生活に活きているのだそうです。なお、この記事は医学的アドバイスではありません。医療チームの指導を守ってください。

関連リンク
  • 妊娠、出産
    from All About[女性の健康]
  • A1C5%達成の道! 基本の10カ条
    from All About[糖尿病]
  • 【編集部からのお知らせ】
    ・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

    ※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
    ※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
    • 前のページへ
    • 1
    • 2
    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項

    あわせて読みたい

    あなたにオススメ

      表示について

      カテゴリー一覧

      All Aboutサービス・メディア

      All About公式SNS
      日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
      公式SNS一覧
      © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます