違法薬物「大麻」とは

頭を抱える男性

大麻の使用はさまざまな深刻な問題を引き起こします

私達には「新しいことをしてみたい」「何かスリルを感じたい」という気質が多かれ少なかれあります。しかし世の中には面白半分や興味本位で手を出してしまっては決していけないものもあります。法律で禁止されている薬物はその最たるものです。薬物使用は、刑事上の罰を受けるばかりでなく、その人の社会的機能を低下させ精神医学的にも重大な障害をもたらすリスクがあります。法律で禁止されている薬物の中で、現在世界的に最も使用されている薬物の一つである「大麻」について、それのもたらす問題の深刻さをお話したいと思います。

大麻に含まれるTHCによる症状……約30分でピークに

大麻は中央アジア原生のアサ科に属する一年生の植物です。大麻の煙を吸う事で、多幸感や幻覚などの中枢神経作用が現れる事は数千年前から知られていて、古代ローマの歴史家ヘロドトスも黒海地方の遊牧民族であるスキタイ人の大麻使用について記述しています。

大麻の作用は、大麻に含まれているTHC(テトラ-ハイドロ-カノビノール)と呼ばれる物質によります。THCの受容体は脳内の海馬、基底核、小脳などに分布しています。大麻は煙として肺から体内に吸収されると、多幸感が数分以内に現れ、約30分でピークに達します。多幸感の他に、体内に吸収されたTHCの量に応じて、以下のような症状が現れます。
  • 結膜の充血
  • 心拍数増加
  • 食欲の昂進
  • 口の渇き
  • 現実感が薄れる
  • 魂が体から離れるような離人体験
  • 記憶障害
  • 協調運動能力の低下
  • 反射神経が鈍くなる
また、THCは知覚にも影響を与えます。周りの色彩がより鮮やかに見えたり、時間がゆっくり流れるように知覚されます。

大麻の依存性・心身への影響・リスク

大麻のみならず、一般に脳に作用する物質には依存性があります。依存には、その物質の使用を中止すると強い不安が出現する「精神依存」と、使用中止後に不快な離脱症状が生じる「身体依存」の2つがあります。

大麻使用による依存は精神依存が主です。大麻の身体依存は、はっきりしたものではありません。身体依存には耐性が生じるため、以前と同じ効果を得る為には以前より多くの量が必要になります。依存の他、大麻使用により以下のような精神医学的な問題が現れる可能性があります。
  • 強い不安やパニック発作
  • 不合理な恐怖
  • そう状態
  • 幻覚
  • 妄想
  • フラッシュバック(大麻使用時の感覚や知覚が大麻の非使用時に突然、意識に入ってくる現象)
  • 意欲、興味の低下
  • 統合失調症の発症
大麻使用に関連する医学的な問題として、免疫機能の低下や煙に含まれる発がん性物質による肺がんのリスクなどが挙げられます。また、大麻使用は覚せい剤など他の薬物の使用につながりやすいことも大きな問題です。

今回は大麻を中枢神経系に作用する薬物群の一つとして、その中枢神経系への作用、そして、それが引き起こす問題を詳しく解説しましたが、こうしたことは個人差が大きいことも知っておきたいことです。その要因としては、その人の持つ遺伝的な要因だけでなく、生まれてからそれまでの環境要因なども関わっていて、ある人には深刻な問題が生じなくても、他の人には深刻な問題が現われる可能性もあります。

また、違法薬物の問題は一般に未成年の場合、成人の場合よりもその問題が深刻化しやすい傾向があります。未成年の脳は成人のそれへと成熟していく段階であることも、その要因の一つです。具体的には未成年の大麻の吸引習慣は統合失調症の、その時期における発症リスクの一つとされています。

最後に、大麻に関するトピックとして、それに含まれる成分(THC)が、ある特定の疾患の治療に役立つ可能性も近年指摘されるようになっていることも大麻に関して知っておきたいことだと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。