夫婦喧嘩が長引くと…?
深刻な夫婦喧嘩の場合、心身の疲労が心配です。

心の健康状態が肩こりになって表れる?

毎日の生活の中では、頭を悩ませるような出来事が多々あると思います。年齢を重ねていけば、それなりの知識や経験から、悩みを解消・回避させることもできるようです。

しかし、人生を左右するような大きな悩みであった場合は、すぐに解消とはいかず、長い間、大変な苦悩と労力、それによる心身へのストレスがかかり、体調が悪くなってしまうケースも多いのです。頑固な肩こりにお悩みの方、悩みを抱えて心を痛めてはいませんか?


デスクワークもないのに肩こり…の謎

パソコンでの仕事
長時間のパソコン作業で、肩こりを訴える人が多いです。
多くの人が抱えている肩こりは、首、肩周辺を中心に筋肉の硬さや張り、痛みなどを感じる不快な症状です。肩こりのある人は、肩こりの原因について何となくは予想がついている場合が多いです。例えば、座った時の姿勢の悪さやパソコンを使うことが多いからなど、症状が強くなる時に行っていたことを原因と捉えているようです。

しかし、座りっぱなしの時間も少なく、パソコンも使用しない専業主婦であっても、しつこい肩こりと日々増えていく様々な症状で苦しむケースもあるのです。ここで、ひとつその例をご紹介しましょう。


症状悪化は、夫婦の会話が減ってから

専業主婦Aさんは49歳。Aさんは、ある出来事が起きた頃から徐々にひどくなった肩こりとその他の症状のせいで、しばらく苦しむことになります。薬なども大きな効果が出なかったのですが、ある日やっとこの症状の改善に繋がることを見つけます。

Aさんのこの肩こりは、約1年位前から徐々に感じるようになっていました。とくに直接、首や肩に負担のかかることを行った覚えはないのですが、強いて言うならば、夫の帰宅が朝4~5時になる事が増えた時期でした。夫婦の会話も減り、夫の朝方の帰宅を不審に感じ始めていたそうです。

そのうち、Aさんは夜眠ろうとすると動悸がしたり、眠りが浅くなり夜中に何度も目が覚めたりと、睡眠不足の状態になっていきました。昼間はフラっとめまいが起こるようにもなったため心配になり、これら全ての症状について病院を受診しました。しかし検査をしても特に病気はみつからず、血行を改善させる薬と良く眠れるようにするための薬を処方されました。

最初の肩こりから1ヶ月ほど経ったある日、Aさんは夫の浮気を知ることになり、これを機にAさんの肩こりとその他の症状は、さらに悪化をしていくことになるのです。



思い切った決断で肩こり改善

離婚届
離婚をすることになり気持ちが安定すると、肩こりが改善の方向へ…
Aさんは夫に対して常に怒りと悔しさを感じ、気付くとそのことばかり考えていました。気分が沈みがちで不安定なAさんの心理状態に対して夫の理解は無く、夫婦関係の改善どころか家計の不安定にまで及んでいきました。

さらにAさんの症状は増え、目が覚めるとまぶたの重みと鈍い頭痛、耳鳴りを感じるようにまでなっていました。肩こりも、コリというよりも痛みに近く、左側の首から背中に板を貼り付けている感覚に加え、時々左腕全体にシビレを感じるようになりました。この時も病院の検査では、病気は見つかりません。

いつも夫への怒りが頭から離れなかったAさんでしたが、ふと「もう離婚してサッパリしまおう!」という考えが頭をよぎった一瞬の間、肩の力がふっと抜けて楽になった気がしたそうです。後日、実際にAさんは決意し、離婚が成立しました。Aさんの夫への感情が落ち着きだすと、その頃からAさんの首や背中の貼り付いた板のような感覚は改善がみられ、肩こり以外の症状も軽減していったそうです。


「悩み解消!」で痛みからも解放!

深い悩みや考え事が続くと、体にも緊張状態が続いてしまい、心と体をリラックスさせることが出来なくなる場合があります。こうなると、睡眠不足や食欲不振で栄養が不足し、体調が悪くなりやすくなります。この体調不良がまたストレスに感じ、それを我慢しながらも悩み続ける。この悪循環を放っておくと、肩こりや頭痛などが慢性化してしまい、Aさんのように心配や怒りなどの気持ちが強いと痛みも感じやすい状態になるのです。大きな悩みにぶつかり精神的なダメージが大きい場合は、その状況から脱することで症状が軽減するケースもあるということです。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項