肩こり
肩こりが慢性化しやすい、そしてなかなか改善されないその理由とは何でしょうか?
「肩こりがするなぁ。」と感じ始めてからはや5年。最初は時々しか感じなかった肩こりに、今では毎日のように悩まされるようになりました。

このような人はとても多いのです。例えるなら肩こりの悪化ループから抜け出せなくなったかのような感じです。今回は、肩こり状態からなかなか抜け出せなくなる原因に迫りたいと思います!


こんなにたくさん!肩こりで困ること

慢性的な疲労
肩こりがひどいと体も疲れやすく気分もすっきりしません。気力がなくなってしまうケースも!
肩こりといえば、筋肉の血流が悪くなって硬くなっている状態である、ということが多くの人には知られていると思います。しかし、肩こりで悩む人が受ける不快な感覚は、ただ筋肉が硬くなっているというものだけでは済まない場合もあるのです。

「肩こりがひどくなるとこんなことが起こりやすくなって困るのです。」という例をいくつか挙げてみましょう。あなたにも当てはまるでしょうか?

■肩こり悪化でこんなことが起こる!
  • いつも肩に何か乗っているかのような、重苦しさがある。

  • 肩こりがひどくなると、気持ち悪くなってしまう。

  • 首の付け根付近の筋肉にゴリゴリと硬いものが! 押すとかなり痛い。

  • 首スジが強張ったり、そのまま頭痛になってしまったりする。

  • 目の奥や前頭部が痛くなる。

  • 気分がスッキリせず、常に体調が悪いように感じる。

  • 夜、眠ろうと思っても肩に力が入ってしまい、寝付きにくい。

  • 高い位置にあるモノを取ろうと手を伸ばしたが、意に反して腕が挙げにくかった。

  • 背中や肩周辺が気になり、じっと座っていられず、仕事にも集中できない。

  • 肩こりというよりも、筋肉が痛く感じる。