冷え
寒いとついつい肩に力が入ってしまいますが、気がつかない間に、体の深部が冷えていることがあります。
あなたは、隠れ冷え症ではありませんか? 気付くと肩をすくめていたり、腰やお腹を触ってみると冷たくなっていたり、胃腸の調子が悪いなど、意外と自分でも冷えに気が付かないことがあるものです。

そこで今回は、冷えの自覚がない隠れ冷え性の人にも、冷え症でお困りの人にも役立つ、持ち運びも可能な温めアイテムをご紹介しましょう。腰痛、肩こりでお悩みの方へのプレゼントにも喜ばれます。

 

要注意! 冷えは万病のもと?

冷え対策
自分の体に冷えている部分があることに気がつくと、早めに冷え対策がとれます。
自分の手足やお腹、腰を触ってみると、その部分だけ体温が奪われたような冷たさを感じることがあります。それが、1年中だったり、寒くなる季節だけ、または不定期だったりと、個人差があります。

体の中に冷たくなっている部位があると、自分でしっかりとエネルギーを作り出すことができず、手足のみならず、体の深部も冷えているかもしれません。そうなると、内臓の機能も不十分になり、「病気」の前段階である「未病」状態をつくり出してしまう可能性があるのです。


 

私、隠れ冷え症!? 腰痛・肩こりのみならず

胃腸がおかしい?
隠れ冷え症では、内臓の機能が低下してしまうことがあります。
涼しい場所に居る時間が長かったり、寒い場所に行くとすぐに体が反応して、その日のうちに「肩こりがひどくなった。」「腰の調子がおかしい。」と感じる人がいます。

自覚があれば、予防も早めにできますが、全く自覚症状が無く、今感じている症状が、冷えも原因のひとつとして絡んでいることに、気が付かないケースもあるのです。すると、冷え対策が遅れてしまい、体調不良が慢性化してしまうかもしれません。

■隠れ冷え症!? このような人は要注意!
  • 風邪をひきやすい。
  • 痩せにくく、太りやすい。
  • 手足は冷えていないが、腰やお腹を触ると冷んやりしている。
  • 足がむくんでしまうことが多い。
  • よく、胃腸の調子が悪くなる。
  • 肩こりの自覚症状は無いが、お風呂で温まると肩の力が抜けて、体が楽になる。
  • 運動をする習慣は無い。
  • 気分が晴れないことが多く、安眠できない。
  • 頭痛や生理痛がある。