PMTCとは……歯周病予防・虫歯予防に有効な治療法

PMTC

使用するのはゴムやブラシなど柔らかい材質の物ばかり

歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが一番! ということは皆さんご存知だと思います。しかし、最近もう1つ歯周病や虫歯の予防に大変役に立つことがこの「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)だと言われるようになりました。

歯医者さんの待合室やホームページでPMTCといった言葉をときどき目にすることはありませんか? 「PMTC」の特徴や手順について、解説します。

歯の汚れを歯科の専用機器でクリーニングする「PMTC」

「PMTC」を簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

■お口のリフレッシュ
歯石を取るような強い刺激ではなく終わった後に爽快感が生まれることを目標に行なわれます。

■歯の輝きが増す
多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。

■虫歯の予防

歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落とします。

■歯周病予防

歯周ポケット内の根の部分に強く付着した歯石ではない細菌の塊を磨き落とします。

■歯を強くする

磨き終わってきれいになったら歯の表面にフッ素を塗って歯を強くします。

PMTC治療が向いている人

■治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人
特に痛いところもなく、歯肉が腫れているわけでもないが、口の中をすっきりさせたい人。

■歯周病の治療が終わっている人

PMTCは歯石などは取る事ができないので、治療などですでに歯石を取り除いてあることが前提になります。

■矯正中の人

矯正装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しいときなど歯磨きの手助けになります。

■被せ物やブリッジなどがある人

ブリッジなどの歯のない部分も自分では磨けないような所まできれいになります。

次にPMTCの手順を解説します。

基本的な「PMTC」の手順

PMTC その1
このような感じで歯の表面や歯肉で隠れた歯の根元の汚れを磨き落とす
  1. プラークの染め出し
    完璧な歯磨きは難しくどうしても磨き残しが出てきます。自分で不得意な部分を確認することによって今後の歯磨きの参考にしてゆきます(行なわなくても良いこともあります)。
  2. 歯を磨き上げる
    微粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元の部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げる。このとき歯ブラシで落とすことができない着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイにこすり落とします。
  3. 歯と歯の間も磨き上げる
    えっ、たったこれだけ? と思われるかも知れませんが、自分で行なう歯磨きの磨き残してしまった部分をクリーニングすることが中心となります。イメージとしては、毎日、自分で洗顔して、時にはエステでフェイシャルを行ない磨きをかけるといった感じです。


PMTCのクリーニングと通常の歯磨きの違い・費用の目安

汚れを取って磨くだけなら、自分の歯磨きと大きな違いは無い様ですが、歯磨きで落とすことができない汚れがあります。これは、「バイオフィルム」といってこびり付いた状態の細菌の塊で、歯周病や虫歯の温床になってしまうため、研磨剤や専用機器を使用して磨き落とすと歯周病や虫歯の予防には大変効果があります。

難しい解説よりも一度体験すると案外病みつきになるようなサッパリ感が得られるかもしれません。PMTCの費用は、内容や時間などにより異なりますが、概ね数千円程度から2万円程度が多いようです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項