最近、歯医者さんのホームページでさまざまな無痛治療システムが紹介されています。どこの歯医者さんでも行なわれている方法から、専用の機器を使って治療して行くものまでさまざま。今回は代表的な無痛治療をいくつか紹介します。

≪Vol.1≫そもそも無痛治療って何?
≪Vol.2≫無痛治療の種類と治療法

麻酔による無痛治療

一般的でどこの病院でも行なわれています。注射麻酔は、痛みを感じなくさせるもっとも有効な方法です。後に述べる麻酔をしない治療法でも痛みが出た場合には、最後はこの注射の麻酔を行なうことになります。

工夫されている注射麻酔
無痛治療の針
一番上は無痛治療で使用する世界で最も細いクラスの針。手前は静脈注射用の針。細いほど刺す時の痛みが少ない
  • 針は超極細、細ければ細いほど注射するときに痛くないのですが、麻酔薬を入れにくくなりますので、電動注射器も併用することもあります。無痛治療で使用する針は、一般に採血などで使用する針先の太さの3分の1です。面積はたった10分の1以下!(右写真)これ以上の細い針はありません。
     
  • 注射麻酔の針を刺す前に「塗る麻酔」を使い、痛みを軽減。
     
  • 麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激をなくします。
今の歯医者さんは、麻酔時の痛みに対してかなり気を配っています。それでもまだ針を刺される不安や治療に対しての不安があって心配な方は、注射麻酔と併用する形で不安な気持ちを取り除くために笑気吸入鎮静法(笑気ガスを吸入してリラックス状態になる)や静脈内鎮静法(静脈内に少量の精神安定剤を投与)を行なう方法もあります。もっと完全に不安を解消したいのであれば、全身麻酔を利用する方法もあります。

注射麻酔を使用しない無痛治療

一般的な注射麻酔を使用しないで虫歯を治療してしまう方法です。できるだけ「キュイーン」と音のする道具を使用しないため、今までの恐怖感はありません。ただし、設備や薬剤、先生の治療方針によってどの病院にもあるものではありません。

エアーアブレーション
    微細な粉を高圧で虫歯に吹き付けて虫歯や歯を削っていきます。注射麻酔も必要なしで、風をかける道具のような形のため、道具を怖がる子どもに喜ばれます。しかし、深い虫歯には使えません。
レーザー
    レーザーを照射して虫歯を蒸発させ、詰めもので穴を防ぎます。ごく浅い虫歯に利用され、蒸発した虫歯の周りの歯は硬くなり虫歯に強くなります。
カリソルブ
    一般的ではありませんが初めに少しだけ「キュイーン」と形を整えます。後は薬で虫歯を溶かして、少しづつ専用の道具で耳掃除のように虫歯を少しづつ掻き出していきます。しかし、深い虫歯には使えず、普通に虫歯を治すより時間と費用がかかります。
これらの治療法は、保険適応ではないので費用が別にかかることもあります。また治療の成果を保証するものではありません。注意事項をよくお読みください。

小さい虫歯ほど無痛治療の選択肢が多い

すでに痛くなった大きく深い虫歯は注射麻酔を行なうことになります。小さい虫歯であればさまざまな無痛治療システムを用いて、注射麻酔なしでも完全に治すことは可能です。特に子どもの場合は、小さい虫歯もすぐに大きくなってしまうため、早期に発見して治療してあげることが後で大変な思いをしなくても済むことにもつながります。そのためにも歯磨きや定期健診で少しでも虫歯の予防や早期発見を心がけましょう。

「歯の健康」の記事一覧へ

-関連記事-
ガイド記事「そもそも無痛治療って何?」
-関連リンク-
昭和大学歯科病院歯科麻酔科

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。