歯が痛いけど歯医者さんに行ったら「もっと痛いんじゃないかな?」なんて思い、足が遠のいている人いませんか?最近では歯医者さんのホームページで「無痛治療」といったことをよく目にします。本当に無痛で治療ができるのでしょうか?いくつかポイントをお教えします。

≪Vol.1≫ そもそも無痛治療って何?
≪Vol.2≫ 無痛治療の種類と治療法

痛みは人それぞれ

歯の麻酔「浸潤麻酔」
無痛治療の第一選択は注射麻酔。ちょっと見た目は怖いけど、最も確実
同じ治療方法でもまったく無痛で治療することができる人もいれば、ほんの少しの刺激で痛く感じる人もいます。ものすごく痛がりなのに、深い虫歯で「こんなに痛がりなのにどうしてここまで我慢できたのだろう?」なんてこともあります。

このような場合は、たいてい痛みそのものより「痛くされるんじゃないか?」といった恐怖心が敏感にさせている場合がほとんどです。

信頼関係による無痛

いくら麻酔や治療法を工夫しても痛がる人はいます。逆に信頼した人に治療されると少しの痛みも我慢できてしまうものです。まずはさまざまな治療法などにとらわれず、安心して治療できる歯医者さんで治療するのが第一歩です。

  • 自分が信頼した歯医者さんで治療する
  • 心の問題は重要です。信頼関係があり、安心して受けられれば敏感に反応しないで済みます。

  • 治療内容の十分な説明を受け納得する
  • どんな治療なの?次に何をするのか少しでも分かると安心ですね。注意することは、自分で調べたときは、その治療内容を思い込みすぎないことです。正しい診断は専門家でも難しいもの。安易な素人判断は危険です。疑問に思うことがあったらよく相談しましょう。

>>次のページは「虫歯の無痛治療のポイントです。>>