実は間違いだらけ? 意外と知らない正しい歯磨きの方法

正しい歯磨きの方法は?

正しい歯磨きできていますか?  常識だと思っていることが実は間違いなことも……

以前、海外で『Mythbusters(怪しい伝説)』という人気のテレビ番組がありました。ディスカバリーチャンネルでも放送されていたのでご存じの人もいるかもしれません。古くから言い伝えられている噂や伝説が事実かどうか、実際に検証していく番組です。たとえば、「エンパイヤーステートビルの上からコインを落とすと下の人に当たり死んでしまう」……そんな言い伝えを一つ一つ検証していきます。実際に検証をすると、意外と言い伝えも間違っていたりします。

今回は、歯磨きに関するよくある思い込みや真偽不明な噂について、Q&A形式で解説していきます。
 

Q.食後3分以内に磨けば、虫歯になりにくい?

子どものころ「食べたら3分以内に歯磨きしなさい」なんて言われませんでしたが?これはある実験のデータから、砂糖水を口に含むと約3分で歯が溶け始めたため、その前に歯垢を取ってしまえば虫歯になりにくいといった話でした。

よく考えると、これは食事を食べ始めてから3分以内に歯磨きをしなくてはならず、食後の3分以内に磨けば虫歯になりにくいといったことではありません。

→ A. 「うそ」
 

Q. 歯磨き粉の研磨剤で歯が削れる?

歯磨き粉
最近の歯磨き粉はしっかり使ってもそれほど歯は削れない
歯磨き粉には研磨剤が入っているので使わないで歯を磨いたほうが歯のために良い。こんな話を聞いたことはありませんか?歯磨き粉を使用しなくてもプラークを落とすことができますので、使わなくても問題はありません。

しかし、現在ではフッ素入りなどの歯に対して、メリットのある製品が多く、研磨剤に関してもクレンザーのような強い研磨作用はないので、それほど心配しないで使用することができます。

→ A.「うそ」
 

Q. 歯ブラシの毛先が開いたら交換?

歯ブラシの使用限界
毛先はこの程度開いたら、交換したほうが汚れは確実に取れる
歯ブラシの交換時期は、毛先が歯ブラシの幅より開いてきたら、汚れが取れなくなるので交換しようと思っている人いませんか?

歯ブラシの毛先が開いてくると表面的には汚れは取れますが、歯と歯の間に毛先を差し込みにくくなってしまいます。「効率的な歯磨きの方法とは?」で磨き方を確認できます。

一般的には歯ブラシは毛先の「かど」の部分が重要なので、毛先が開いてきたらかどがなくなり丸くなります。このため交換したほうが良いと思われます。

→ A.「本当」
 

Q. 歯磨きは1日1回だと虫歯になる?

歯磨きを1日3回毎食後に行なっている人には、怖くてできないことですが、1日1回しか磨かないといった人もいます。どちらが虫歯になりやすいでしょうか?

実は虫歯に関しては1日1回でもしっかり磨けていれば大丈夫です。むしろ食生活の間食など食べる回数が多い方が虫歯になるリスクが高くなります。

→ A.「うそ」
 

Q. 歯ブラシは柔らかくても汚れは取れる?

硬い歯ブラシと柔らかい歯ブラシ
あなたの歯ブラシの固さは?
歯ブラシ選びの時、柔らかい歯ブラシは汚れが取れない気がして、痛くない程度の硬めの歯ブラシを選んでいる人いませんか?

歯ブラシが硬くても柔らかくても口の中の汚れを落とす効果は同じです。落とす相手が硬ければ歯ブラシも硬いほうが良いですが、歯ブラシで落とすのは「プラーク」と呼ばれる柔らかい汚れです。

したがって、かなり柔らかめの歯ブラシでも歯ブラシのかどがしっかりしていれば汚れは十分に落とすことができます。最近では歯ブラシは柔らかいものを勧める歯医者さんが増えてきています。

→ A.「本当」
 

Q. デンタルフロスでは歯周病は予防できない?

スーパーやドラッグストアなどで様々なオーラルケアグッズを目にします。歯ブラシ以外の補助器具を買う際に「検診で歯周病に注意してください」といわれ、フロスを買って歯の間の掃除をしている人いませんか?

フロスの正しい使い方は、歯と歯の間で歯がしっかりとくっついている部分を掃除するために使います。決して、歯肉に強く擦るようには使ってはいけません。このため、歯周病の予防にはあまり効果がありません。歯と歯肉の間の汚れを取ることが重要だからです。

虫歯予防には「フロス」、歯周病予防には「歯間ブラシ」と覚えましょう。

→ A.「本当」

全部知っていた人は、オーラルケアに対してかなり関心の高い方だと思います。勘違いしていた情報があるという人は、今後の正しい歯磨きの参考にしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項