2万発を超える打ち上げ 隅田川花火大会

隅田川花火大会
今年も多くの人出が予想される隅田川花火大会。東京スカイツリーが完成すれば、趣も随分変わるかもしれない
規模の大きさで、花火の代名詞とも言える隅田川花火大会。打ち上げは、桜橋と言問橋の間、駒形橋と厩橋の間の2カ所です。最寄りは、都営浅草線「浅草」駅、「本所吾妻橋」駅、伊勢崎線「業平橋」駅になります。

リバーフェイス
リバーフェイス(南千住)からの眺望イラスト 隅田川越しの花火を室内から楽しめそうだ
このエリアのビューポイントは、「曳舟」駅の高層マンション西向き住戸。曳舟駅前再開発のイーストコア曳舟の西向き上層階は、隅田川を正面に望みます。穴場としては、南千住エリアのリバーフロント。南北に隅田川が流れ、遮蔽建物の無い南向き高層階からは、川面から打ち上がる花火を楽しめそうです。現在販売中のリバーフェイスなどの上階もその一つです。

押上、曳舟エリアのマンションは、屋上を花火の時期に開放するマンションをかなり見受けます。このエリアのマンションの一つの大きな魅力と言えるでしょう。

南方向に見えるのがベスト

花火の会場に近いといっても、すべてのマンションから花火が見えるわけではありません。南向き志向の強い日本では、マンションの配棟は基本的に南向き。都心エリアを除き、南方向に花火が打ち上がるかがチェックポイントの一つでしょう。

年に一度のイベントが、マンションから楽しめることで、人が集う。花火の見えるマンションならではの、魅力だと思います。

***お知らせ***
月2回、最新記事のお知らせやコラムの載っているメールマガジン(無料)を配信中です。申込みはこちらからどうぞ!

【関連情報】
リバーフェイス HP
足立の花火 オフィシャルサイト
江戸川区花火大会
東京湾大華火祭 
隅田川花火大会 オフィシャルサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。