手元が見にくい?目が疲れやすい?
年齢を重ねると、どうしても避けられない「老眼」。それまで裸眼ですごしていた人、またはコンタクトやメガネで矯正をしていた人も、その目の老化によって、なんらかの影響がライフスタイルに生じてきます。

でも、もし遠近両用コンタクトレンズを使えば、今まで「老眼だから」とあきらめていた人も、もう一度考えなおして、よりいっそう生活をエンジョイできるかもしれません。今回はボシュロムのマーケティング部へ取材した情報をもとに、そのメリットについて考えてみました。

<これだけの理由>

1.広く、スッキリと快適な視界がえられる..P1
2.いかにも「老眼」はイヤ!見た目も若々しくいられる..P1
3.テキパキとビジネスがはかどる..P2
4.携帯やパソコンなど細かな作業もラクラク..P2
5.スポーツ・レジャーがいっそう楽しくなる..P3
6.多忙な朝でもメイクのテクが冴える..P3


理由1.広く、スッキリと快適な視界がえられる


今まで裸眼ですごしていた人は特に、老眼鏡をかけはじめるときは、少なからず抵抗を感じるはず。あるいは、通常のコンタクトやメガネの度数が合わなくなってきて、眼科医などに老眼のための矯正をすすめられたときは、「あ~。私も年とっちゃったんだな~」なんてしみじみ思ってしまうかもしれません。でも、老眼だからといって、日常生活までスローペースにする必要はまったくありません。

遠近両用コンタクトのメリットとして、視界が広く、活動を妨げないことがあります。近くを見ても、遠くを見ても、横をみても、上を見ても、目の動作にフィットしていますから、軽快な視線移動を限定することはありません。思うがままのアクティブな行動を、そのまま維持でき、言動においても若々しさをキープできます。


理由2.いかにも「老眼」はイヤ!見た目も若々しくいられる


老眼鏡をいつもかけている、また書類に目を通すときに老眼鏡を取り出す、そんなことに抵抗のある人がいます。レストランで、メニューを少し離して見たりすることに違和感を感じる人がいます。でも見えないからどうしようもない、とあきらめないでください。さいわい、遠近両用コンタクトなら、それまでの見た目がまったく変わりません。

「老眼鏡は老けて見えるからイヤ」という女性なら、シーズンごとのファッション、ヘアメイクも、今までどおりに、あなたらしい演出を楽しめますし、男性ならば、オジくさい雰囲気にならなくてもすみます。

次のページはビジネスにパソコンワークに有能ぶりを発揮!