画像の代替
政界では、郵政民営化を見直す動きもくすぶる……
写真提供:フリー画像素材EyesPic
100年に1度の大不況に襲われる中で、波乱万丈のスタートを切った2009年も、上半期が終了しました。そこで、「派遣切り」に新型インフルと、不安の嵐が渦巻く半年間のニュース・ベストテンを総ざらい!

【CONTENTS】
■1ページ…… 2009年上半期(1~6月)、ガイド選りすぐりのニュース・ベストテン! 第10~7位は?
■2ページ…… 2009年上半期、第6~2位は?
■3ページ…… 2009年上半期、注目のニュース・ナンバーワンは? 上半期を象徴する漢字は?

【2009年上半期、ガイド選りすぐりのニュース・ベストテン!】

第10位: WBCで侍ジャパンが2連覇達成!

3年ぶり2回目の開催となった「ワールド・ベースボール・クラシック」(3月5~23日)。世界16ヶ国・地域が参加する野球の世界一決定戦で、我らが侍ジャパン(日本代表)は見事、韓国との決勝戦を5対3で制し、2連覇の快挙を成し遂げました。大会中、打撃不振に苦しんだイチローは、土壇場の決勝戦で、殊勲のタイムリーヒット! 試合後の記者会見では、「おいしいところだけ、頂きました。本当に、ごちそうさまッした!」と、ほっとした笑顔を見せました。一方、サッカーの世界では6月、2010年W杯に向けた最終予選で、日本代表が、1番乗りで本大会出場の切符をゲット! こちらも、活躍を期待したいところ……。

【関連記事はコチラ】
期待沸騰!WBCに見る特需効果
スポーツ・芸能・エンターテイメントのニュース

第9位: 「鳩の乱」に「郵便不正」、日本郵政は大揺れ!

民営化された日本郵政は昨年12月、オリックス不動産との間で、「かんぽの宿」などを109億円で売る契約を締結。ところが、当時の鳩山総務大臣は、「契約に至る入札手続が不透明だ!」と、ダメ出し。契約は凍結されましたが、西川社長の辞任を求めた大臣は、これが受け入れられなかったため、自らの辞任に踏み切りました。一方では、障害者団体向けの割引制度を悪用した郵便不正事件が勃発! 6月には、偽の証明書を作成した容疑で、厚生労働省の女性エリート官僚、村木厚子容疑者(雇用均等・児童家庭局長)が逮捕されました。「鳩の乱」に不正の見逃しと、日本郵政は揺れっ放し……。

【関連記事はコチラ】
「郵便不正」エリート局長の素顔
「かんぽの宿」たたき売りの実態

第8位: 北朝鮮がまたまたミサイル発射に核実験!

4月5日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射! 2006年以来2度目となるミサイル発射ですが、日本領土内に落下物はなく、ほっとしたのも束の間。5月25日には、これまた2度目となる地下核実験を強行! これに対し、国連の安全保障理事会は6月13日、北朝鮮を強く非難すると共に、追加的な経済制裁などを盛り込んだ決議を全会一致で採択。国際社会では、北朝鮮包囲網が形成されつつありますが、後継者問題に揺れる「世界の孤児」は、「瀬戸際外交」を武器に、ただひたすら我が道を突き進むのみ……。

【関連記事はコチラ】
北朝鮮の「核実験」って、どんな実験?
北朝鮮「瀬戸際外交」の狙い
「北ミサイル発射」で失態続き!

第7位: オバマ新政権下で、ビッグスリーが相次いで破綻!

アメリカでは1月20日、オバマ新政権が発足! 初の黒人系大統領の前には、100年に1度の経済危機が、立ちはだかります。4月30日には、経営難に陥っていたビッグスリー(大手自動車メーカー)の一角を占めるクライスラーが、経営破綻! 政府の資金支援を受けつつ、イタリアのフィアットとの資本・業務提携に、経営再建の活路を求めます。続いて6月1日には、最大手のGM(ゼネラルモーターズ)も破綻! クライスラーと同様に、連邦破産法11条の適用を申請した上で、「新生GM」としての再生を目指します。ただ、多額の負債(借金)を抱える中、大幅な事業縮小や人員削減を余儀なくされ、その前途は多難。アメリカ経済にとっても、まさに試練の年になりそう……。

【関連記事はコチラ】
GM破綻で日本企業はどうなる?
ブラックベリーに見るオバマ効果
「オバマ名演説」に陰の仕掛け人

スポーツ界で明るいニュースが相次ぐ一方、経済界では、国内外共に暗いニュースが立て続いていますね。では、上位ランクに登場するのはどんなニュース?