文章:石原 敬子(All About「よくわかる経済」旧ガイド)
西武鉄道が、有価証券報告書に虚偽の記載をし、それが悪質だったために、東京証券取引所の上場廃止となります。その、有価証券報告書とは、何のためにあって、いったい何が書かれているものなのでしょうか?

<INDEX>
有価証券報告書、基本の基本(1P目)
これ以上簡単に説明できない!有価証券報告書に書かれていること(2P目)

有価証券報告書、基本の基本

◎有価証券報告書とはなに?

有価証券とは、株券や、債券のことです。有価証券を使って1億円以上の資金調達をする会社や、株式を証券取引所などに上場や公開している会社が、事業年度ごとに、その事業年度の終了後3ヶ月以内に提出を義務付けられている書類のことです。事業年度ごとに営業内容や経理の状況が記載されています。

◎何のためにあるの?
有価証券報告書
この冊子が西武の運命を分けた!

投資家が投資を行う際に十分投資判断ができるように、事業の状況、財務状態、経営成績などの財務諸表を記載して公表するのです。

◎どこで見られるの?
金融庁や、証券取引所で誰でも閲覧できるようになっています。2004年6月からは、企業にインターネットによる有価証券報告書の提出も義務付けられました。

◎ウソを書いていたらどうなるの?
金融庁が、その企業に訂正報告書を提出させます。そのウソの内容によっては、証券取引法違反で告発することもあります。

次のページでは、具体的に、有価証券報告書に記載されている概要を説明しましょう。