「お金」の定義をどこまで広げるか?

マネーサプライは、どの範囲までの預金を通貨に含めるかで、M1(エムワン)、M2(エムツー)、M3(エムスリー)という指標に分けられます。

◎M1(エムワン)
現金通貨と預金通貨の合計です。
狭い意味での通貨量を表しています。現金通貨とは、日本銀行が発行する紙幣(日銀券=お札)や政府が発行する硬貨(補助貨幣=100円玉や10円玉などのコイン)のことです。銀行券発行高と貨幣流通高を合計して求めます。預金通貨とは、預金者の要求でいつでも引き出すことができる流動性の高い預金です。当座預金・普通預金・貯蓄預金等のことです。これを、要求払預金といいます。

◎M2(エムツー)M1と準通貨の合計です。
準通貨とは、解約することでいつでも現金通貨や預金通貨となって、決済手段として使える金融資産のことです。定期預金・据置貯金・定期積金などのことです。これを、定期性預金といいます。

◎M3(エムスリー)M2に郵便局・農協・信用組合などの預貯金や金銭信託を加えたものです。

◎M1、M2、M3のまとめ  
M1
現金通貨 M1
預金通貨
M2
現金通貨 M1 M2
預金通貨
準通貨
M3
現金通貨 M1 M2 M3
預金通貨
準通貨
郵便局・農協・信用組合などの預貯金、金銭信託


いろいろあるといったけど、代表的な指標は?

日本銀行が発表しているマネーサプライ統計の中で、代表的な指標となっているのが「M2+CD」の日々の残高の平均値です。
一般的なマネーサプライ =M2+ 譲渡性預金(CD)*M2=M1(現金+要求払預金)+定期性預金
◎ここで出てきたCDとは?
譲渡性預金(CD)第三者に譲渡できる定期預金で、自由に発行条件を定めることができる預金のこと
です。
CDの法的な性格は「預金」です。
なので、CDを発行できるのは銀行など預金を受け入れる金融機関に限られています。
CDの預金者は、金融機関及びその関連会社、証券会社などが中心です。
期間が1~3カ月のものが最も多く発行されています。
CDの流通市場(CDを売買するための市場)では、事業法人等も買い手として参加しています。

話をマネーサプライに戻します。

一般的にマネーサプライという時は、「M2+CD」を指します。
言い換えると、一般的にマネーサプライという時は、「現金通貨」「預金通貨」「定期性預金」「譲渡性預金」の合計です。
ややこしいので、用語を簡単にまとめてみます。

  • 「現金通貨」日本銀行券(お札)・貨幣(コイン)
  • 「預金通貨」当座預金・普通預金など
  • 「定期性預金」定期預金など
  • 「譲渡性預金」

定期預金の一種M2+CDの中で、現金通貨と預金(預金通貨、準通貨、CD)の占める割合は、1:9ぐらいです。
しかし、最近では、M2+CDに郵便貯金、国債、金融債、信託などを加えた「広義流動性」という指標も利用されるようになってきています。

では、マネーサプライはなぜ重要な指標なのでしょうか?
次のページでマネーサプライと景気の関係を説明します。