【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
着物

結婚式場があるような場所では着付けやヘアセットを廉価でやっている専門店もあります

ゲストが着物を着る場合、特に遠方からいらっしゃるゲストの場合、着付けやヘアメイクを結婚式場内で手配することが多くなります。両家の母親も留袖の着付けやヘアセットがありますので、それと一緒に親戚や友人分なども希望があれば招待する側で手配することになるでしょう。

問題はその場合の費用負担です。これも交通費等と同じくあいまいにしておくと後でしこりが残るので、注意が必要です。

負担すべきか?しないべきか?

招待客の着付け代やヘアセット代を負担するかどうかは、実際のところまちまちですが、親族の分は負担するけど、友人の分は(特にこちらから理由があってお願いした場合以外)負担しないという人が多いようです。

親戚の着付け費用負担については、親族間で過去の事例や決めがあるかもしれませんので、両親に相談を。友人の場合は、「ホテルでお願いすると○○円ぐらいかかるそうだけど、それでも構わなければ私の方で予約をいれておきましょうか?」など、さりげなく、でも費用は負担してほしいということがはっきり伝わるようにしましょう。

ただ、美容代などの請求はまとめて両家に来ることが多いので、友人に負担してもらう場合は、あらかじめ式場に別清算してもらうように依頼しておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。