浮世絵が見られる美術館

日本はもとより、世界中で愛される「浮世絵」。日本を訪れる多くの外国人が、浮世絵を見に、美術館を訪れています。当たり前のことですが、日本は世界で一番浮世絵を見られる国。生で見ないなんてもったいない!浮世絵の収蔵品が充実している美術館を紹介します。
重要美術品undefined雨夜の宮詣undefined鈴木春信筆undefined江戸時代・18世紀undefined東京国立博物館蔵

重要美術品 雨夜の宮詣 鈴木春信筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵 (2010年10月17日まで展示中)

※今回紹介した作品は、常時展示されているものではありません。
Webサイトなどで展示品、スケジュールご確認のうえ、ご訪問ください。


浮世絵鑑賞、まずはここから!

浮世絵を含め、さまざまな美術作品を多く収蔵する美術館です。さまざまな日本美術とともに浮世絵を見ることで、浮世絵がどのようなものだったのかがわかります。

■東京国立博物館(東京)
~外国からの観光客が必ず訪れる日本美術の宝庫

見返り美人図undefined菱川師宣筆undefined江戸時代・17世紀undefined東京国立博物館蔵

見返り美人図 菱川師宣筆 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵

数々の日本の至宝が集まる東京国立博物館、略して「東博」。 本館10室の常設展示室には、季節やテーマごとに浮世絵の名品が並び、世界中から浮世絵好きな人々が集います。

松方コレクション(国立西洋美術館の核にもなった松方幸次郎氏が収集した美術コレクション)を中心にした浮世絵の収蔵点数は約12,000点。初期から幕末・明治まで、浮世絵の全体を概観できるコレクションです。

菱川師宣の肉筆浮世絵「見返り美人」や、錦絵を確立させた鈴木春信の作品をはじめ、あらゆるジャンルの浮世絵が勢ぞろいしています。

 

本館10室(浮世絵の展示風景)

本館10室(浮世絵の展示風景) 季節ごとに展示作品は変わる

<DATA>
住所:東京都台東区上野公園13-9
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
入場料:一般600円,大学生400円平常展のみ。特別展は別料金、無料観覧日あり)
公式サイト

東京国立博物館はこちらのページで詳しくレビューしています。
※東京国立博物館は東京の美術館でも紹介しています。


■江戸東京博物館(東京)
~「江戸」から「東京」の変遷を多方面から知る

両国橋西詰

両国橋西詰の立体模型 江戸の情緒を立体で鑑賞

「江戸東京の歴史と文化を振り返り、未来を考える」をコンセプトに、さまざまな資料を展示している博物館。当時の風俗資料として、浮世絵を多数展示しています。

特におすすめなのが、当時の様子を忠実に再現した30分の1模型。浮世絵の舞台にも登場した場所を、立体的に、そしてさまざまな角度から眺めることができるんです。


 
江戸東京博物館蔵undefined歌川国虎/画undefined江戸両国橋夕涼大花火之図undefined

江戸東京博物館蔵 歌川国虎/画 江戸両国橋夕涼大花火之図 

浮世絵だけでなく、その当時江戸がどのような状況であったか、そして現代の東京にどのように続いていくのかまで感じ取れる博物館です。

<DATA>
住所:東京都墨田区横網1-4-1
TEL:03-3626-9974
開館時間:9:30~17:00(土曜のみ17:00まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館。大相撲東京場所開催中は開館)、年末年始
入場料:一般600円,65歳以上300円大学生480円高校生・都外の中学生300円(常設展のみ。特別展は別料金、都民の日は無料
公式サイト


■たばこと塩の博物館(東京)
~たばこ、塩を通じて知る、当時の世俗

taba

喜多川歌麿「当時全盛似顔揃 扇屋内 花扇」大判錦絵 寛政~享和頃

喫煙文化や製塩の歴史を伝えることをテーマに、さまざまな展示が行われている博物館。浮世絵もジャンルを問わず約1500点が幅広く収集されています。なかでも、喜多川歌麿の『当時全盛似顔揃 扇屋内花扇 よしの たつた』は、初摺で、現在のところ世界で一点しか、この作品の初摺は知られてないもの。もし展示されていたら、ぜひチェックしておきましょう。そのほか、喫煙や塩の文化について学べる展示が充実しています。

入口には、オープンテラスでそば粉のガレットを食べられるカフェ。博物館に入場しなくても利用できる人気のお店です。

 

安藤広重「しおはまの図」団扇絵錦絵undefined弘化頃

歌川広重「しほはまの図」団扇絵 弘化頃

<DATA>
住所:東京都渋谷区神南1-16-8
TEL:03-3476-2041
開館時間:9:30~18:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
入場料:大人・大学生100円、小・中・高校生 50円(常設展のみ。特別展は別料金
公式サイト

 
■ニューオータニ美術館(東京)
~充実した肉筆浮世絵のコレクション


鳥居清長    詠歌弾琴図undefined(重要美術品)undefinedundefined絹本着色 大谷コレクション

鳥居清長 詠歌弾琴図 (重要美術品)  絹本着色 大谷コレクション

ホテルニューオータニ内にある、菱川師宣や岩佐又兵衛、喜多川歌麿などの肉筆浮世絵約110点を収蔵する美術館。無款(作者不詳)『舞踊図』や喜多川歌麿『美人と若衆図』などの麗しい美人画のコレクションには定評があります。

美術館のあるホテル内には美しい日本庭園なども。都心とは考えられない優雅なひとときを過ごせます。

 
懐月堂度辰   美人図undefinedundefined紙本着色undefined大谷コレクション

懐月堂度辰 美人図  紙本着色 大谷コレクション


<DATA>
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート6F
TEL:03-3221-4111
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、展示替期間
入場料:一般500円、小・中学生200円(特別展は別料金)
公式サイト

 


■上方浮世絵館(大阪府)
~関西で独自の発展を遂げた上方浮世絵を存分に


かみ

上方浮世絵感蔵 「芦屋道満大内鑑」

錦絵の流行以降は江戸が中心となった浮世絵の世界。その一方で京都や大阪では、上方役者絵と呼ばれる浮世絵が独自に発展し、隆盛を誇っていました。その絵を展示するのが、法善寺に近いこの美術館。江戸時代後半から明治初期ごろまでの作品を展示しています。

上方役者絵と呼ばれたとおり、上方の浮世絵は役者絵が中心。芝居の町であった道頓堀で活躍した歌舞伎役者のブロマイドとして刷られた上方浮世絵は、目力が強いのが特長。どことなく生々しさがある視線にご注目ください。

 

かみ

法善寺水かけ不動の門前にある美術館

<DATA>
住所:大阪市中央区難波1-6-4
TEL: 06-6211-0303
開館時間:11:00~17:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入場料:大人500円、小・中学生300円
公式サイト

 

次のページでは、個人コレクションをもとにした浮世絵専門の美術館と、浮世絵に関する簡単な解説をご紹介します!