住まい選びを成功に導くキーワード“街並み”

これからの時代、ますます「住まい選びは街選び」の視点が強くなる
これからの時代、ますます「住まい選びは街選び」の視点が強くなる
住み心地の良い家にしたい、と思ってお金をかけるとしよう。自分好みのインテリアにしたり、家具を入れ替えたり、あるいは思い切ってマンションのエントランスもリニューアルしたり……など、いろんな希望が浮かんでくる。

しかし住み心地を高める上で、自分ひとりでは、あるいは管理組合でもどうにもならない、大切な要素がある。それが、街並みだ。

ご承知の通り、経済先進国のなかでも日本の街並みは決して世界で誇れるものではといわれている。無秩序に建てられた様々な形状の建物。その集合体である街並みは日本の場合、景観を楽しむには残念ながら程遠いといわざるを得ない。

道路も歩車分離されていたり、いなかったり。風景を眺めるどころか車に気を配っての歩行となれば、散歩を楽しむという具合にもなりにくい。

住みやすいマイホームを手に入れたいなら“街並みを買え”とは、よく耳にするフレーズ。これは、本当に暮らしやすい街並みというものが、どこにでもあるものではないとも言い換えることができるだろう。

電柱は樹木の成長をときに妨げる。地下に埋設することで景観が良くなるばかりでなく、草木の彩りが街並みに季節感を添えることとなる
電柱は樹木の成長をときに妨げる。地下に埋設することで景観が良くなるばかりでなく、草木の彩りが街並みに季節感を添えることとなる

『アクアテラ』が首都圏から広く集客できるのはなぜか?

現在、東京駅から10キロ圏という恵まれたロケーションに、国土交通省・東京都・UR都市機構が一体となって行う20万m2もの新街区開発という壮大なビッグプロジェクトが進行している。それが「ハートアイランドSHINDEN」だ。

街全体の住宅計画戸数3,000戸のスケールに、小・中一貫学校(平成22年開校予定)や東京ドームグラウンド2面分の都市計画公園(平成22年中開園予定)など、民間企業だけでは実現困難な施設が街区内に揃う。

景観を害する電柱は地下に埋設、隅田川沿いにはスーパー堤防を整備、街全体の照明計画をも考慮された。文字通り、各分野の専門家の英知を結集し、最先端の技術とノウハウでインフラ整備がなされた街といって良い。

そんな壮大な「ハートアイランド」の入口、リバーサイドの南に広がる大規模マンションが『アクアテラ』である。一般的に分譲マンションの購入客は地元からの住み替えが中心、といわれているが、『アクアテラ』はじつに横浜方面など首都圏全体から幅広く来場があり、購入に至っているという。

美しい街並みは建物だけでは完成しない。植栽、河川、空といった自然環境がかみ合って初めて実現する。「ハートアイランドSHIDEN」のような完成度を他で探すことは、まず困難ではないだろうか。
美しい街並みは建物だけでは完成しない。植栽、河川、空といった自然環境がかみ合って初めて実現する。「ハートアイランドSHINDEN」のような完成度を他で探すことは、まず困難ではないだろうか。

さらにひとつ、広域集客の要因がある。次のページ