優しいオーダーキッチンのショールーム
LiB contents


 
 
 
JR恵比寿駅を降りスカイウォークを歩いて恵比寿ガーデンプレイス前の横断歩道に出ます。信号右手のJR山手線を跨ぐ通称アメリカ橋(恵比寿南橋)を渡ると、左手には昨夜の春の嵐で桜の花が残り少なくなってしまった渋谷区立・恵比寿南一公園があります。
   
 
 
 
花見の陣地取りに使ったブルーシートが残された公園の、向こうに見えるグレーのビルの1階に「リブコンテンツ」のショールームがあります。公園先の細い通りが目黒区との区界にあたり、ショールームの住所は目黒区三田1丁目になります。   


リブコンテンツのエントランス

LiB contentsのLiBは、「Life is Beatiful」の意味だそうで、暮らしを素敵にする「家づくりの目次」を目ざし、「心地良い 暮らしを多くの人達に」という思いからスタートしたオーダーキッチンの会社です。ちなみに代表の田原さんは元ゼネコンの設計部勤務のキャリアウーマンで、スタッフも女性ばかりで店内の雰囲気もキッチンのデザインも、女性らしい優しさの漂う嬉しい店です。



店内に入ると明るい色調の木と白い塗装、ステンレスと天然石やタイル、人造大理石等のシンプルな素材を生かしたキッチン空間が広がります。


まず目に入るアイランドキッチンは750mm×900mmのユニットが3点で合計2,700mmの大きさで、税込み参考価格は約162万円。

壁面にはディスプレイ棚を兼ねた食器棚の提案もみられる。

本体キャビネットはホワイトバーチの突き板貼り、ホワイトウレタン塗装仕上げ。
Gaggenauの2口クックトップとバーベキューグリルを組込んだコンロユニットのトップと、シンクユニットのトップは1.2mm厚のステンレス。 シングルレバー混合水栓金具はGROHE ミンタ。真ん中の調理ユニットトップは天然石ライムストーン。


(C)Apr. 2007 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.