お気に入りの洋書は、背表紙すっきりのフレーム使いで美しく

フランフランのクリップシェルフ"
ボックスの区切りがフレーミングされているので、お気に入りの洋書をさらに美しく見せられます
本をすっきり見せるコツはいくつかあります。本のサイズを揃えて収納するのは基本として、さらに美しく収納された本棚というのは、背表紙の面が一列に揃って、本棚の前面が整った印象になっています。

つまり、大きな本と小さな本では書棚に入れた時の奥行きが異なりますが、その背表紙を手前に揃えるのがポイント。洋書って、けっこうサイズがばらばらですよね。だから、このひと手間が重要。でも面倒! もっと簡単にスッキリ見せられる本棚はないものだろうか。

そう思っていたら、いい本棚を見つけました。フランフランのクリップシェルフ。特徴は、フレーミングされた棚。適当に本を突っ込んで、背表紙のラインが揃っていなくても、フレームでカバーされるので整って見える、というワケ。

フランフランのクリップシェルフ
フランフランクリップシェルフ(W900×D370×H1700mm)78,000円(税込)。ファイルをカッコよく収納するなら、同系色の小物を同じフレームの中に入れてあげるとまとまります。フレームの厚さは1cmないくらいなので、クリップランプを挟むときも楽! 背の高い棚には、花瓶やオブジェなどを飾るとキマります

縦でも横でも使えるし、裏面も同じ仕上げになっていて、両面使いも可能。なので、お部屋の間仕切りとしても使えます。フレーム部分にクリップランプをつければ、目立たせたいお気に入りの小物にスポットライトを当てることもできるので、見せる収納にオススメ。

【商品取り扱い: Francfranc(フランフラン)
● 所在地(丸の内店): 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル B1F
Yahoo!地図情報 (JR東京駅 丸の内南口より徒歩3分、東京メトロ丸の内線・東京駅下車徒歩5分)
● 電話: 03-5252-7500
● 営業時間: 11:00~20:00
Francfranc(フランフラン)クリップシェルフ

次のページでは、散らかりがちな雑誌を美しく収納する、ライブラリーのような雑誌架をご紹介。