ポーラホワイトとメープルでリビング用に組み合わせられたヒュルスタ社のシステム家具「now!」シリーズ

システム家具は日本ではあまりなじみがなく、使われている方は少ないと思います。どんなスペースでも自由自在に空間をデザインできる合理的なシステム家具は欧州ではよく使われています。今回、ドイツ最大のシステム家具メーカーである「ヒュルスタ社」が日本に上陸、本格的に販売を始めます。先日、代官山ヒルサイドテラスで日本向けに「now!」シリーズの発表会が催されました。

合理性から生み出されるモダンで革新的なデザインは、シリーズごとにシステム収納からダイニング、ソファーまでバリエーションがあり、統一性のあるスタイリッシュな住空間を作り出すことができます。ヨーロッパのデザイン・ライフスタイルをさぐってみます。


日本に上陸したシステム家具

高品質を誇るヒュルスタ社の「now!7」はウオールナット材の突板とハイグロース仕上げのブラックで構成された高級感のただようシリーズです。新しい刺激を求めている日本人を意識したハイエンドなシステムです。


思わず微笑んでしまったのが写真の堀こたつ式の座卓と背の低いキャビネットです。展示の一部にタタミを敷き和室のコーナーが設けられシステムが組まれていました。革新的なデザインはバウハウスの伝統に由来するとか・・・!ヒュルスタ社の日本進出への意気込みが感じられます。


もう一つのシリーズ「now!time」で組まれたリビングのTVボードです。巻頭の大きい写真のホワイトのシステムと同じシリーズですが雰囲気がずいぶん異なります。37パーツの部材とカラーオークモカ、メープル、オークサンドの突板とラッカー仕上げのポーラホワイトの4種類の中から表面材の組み合わせができ、可能性は無限です。


次ページは「高級にふさわしい計算されつくした完璧なシステム!」に続きます。