クローゼットの扉に込められた日本美

写真はベッドルームの壁一面に取り付けられたクローゼットの扉です。この扉には、デザイナーのマウロ・リッパリーニ氏の思いが込められています。このクローゼットの扉はミズラ・エメで製造している扉で、日本美術の竹林からヒントを得たものだそうです。ゼブラ模様の木目が美しい扉に、天井からまっすぐ延びた細いメタルの線が並ぶ様は、確かにミニマムな緊張感があり美しいものになっています。


メタルの線はただ美しいだけでなく、引き手という役割を担っています。天井まである大きな扉は、難なく開閉できます。このクローゼットの扉には、デザインと使い勝手が融合した機能美が存在します。扉の金具一つにも手を抜かずに丁寧にデザインを施し、常に空間全体のバランスをとりながら、空間の美しさを完璧にする手法に驚きます。



もう一つのプライベートルーム

もう一つの洋室は、プライベートルームになっています。壁面収納と一体になったベッドが置かれています。



壁面収納にディスプレイされている小物たちは、マウロ・リッパニーニ氏のセレクトになっています。ミズラ・エメの小物の色や形、それにバックパネルの黒みがかった黄褐色(オリエンタルゴールド)の色使いはほんとに巧みです。



マウロ・リッパリーニ氏は「どのような人に暮らしてほしいと思いますか?」のインタビューでこのように答えています。「何よりも芸術を愛する人であってほしいです。美醜の区別がつき、美の見極めができる人、そしてリスクを恐れない人にこそ暮らしてほしい。」(株式会社モリモトのHPより)
住まいに求める理想の違いを改めて考えさせられました。心地良く暮らしたいと安易に思っていましたが、美しい暮らしを支えるのは美を知る意識だと改めて考えさせられました。


<DATA>Vol.24素敵空間に学ぶ
今回の素敵空間:「ピアースコード等々力」モデルルーム/T type
所在地:東京都世田谷区
問い合わせ:0120-624-200(午前10:00~午後8:00/水曜定休)
*モデルルーム見学は予約が必要です!

取材協力:株式会社モリモト

<関連サイト>
「ミラノ空間を楽しむ・ミズラ・エメの世界」
「ミラノ空間を楽しむ・ベッドルームの光と陰」
「ミラノ空間を楽しむ・心地よいモダン派」
「ミラノ空間を楽しむ・爽やかベッドルーム」



(C)July.2006 Copy & Photo by kanno



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「夫が不倫→離婚してシングルマザーになった」「実家の空き家を整理した」「自宅をスマートホーム化した」「妻と死別してお一人様になった」「家族で地方に移住した」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!
登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。