新商品
内装建材「アルテシモ」  [トステム]

「アルテシモ」でトータルコーディネートしたリビングダイニング。ブルーの室内ドアTH-WB2P(サイズ:W784×H2,318mm 価格:\163,500)壁面収納(価格:\1,010,000)、右手側室内引戸アウトセット方式AK-WB7(サイズ:W1,654mm×H2,306mm 価格:\108,500)※価格には消費税・工事費・運搬費などは含みません。
ドアや間仕切りといった室内建材といえば、木質素材…。「やっぱりナチュラルな雰囲気で、床のフローリングと揃えて…」というのが誰もが違和感のないものかもしれませんね。けれど、その「ソフトなナチュラルさ」だけでなく、もう少しインパクトのあるもの、個性的なものを求める声があるのも事実では?たとえば、いわゆるデザイナーズマンションなどにみられるような、ビビッドな色合いとモダンな雰囲気に魅力を感じたり、スタイリッシュな家電製品のようにすっきりとしたシャープなデザインに惹かれたり…。
今回は、そんなデザインニーズにも応え、機能性もアップした商品をご紹介しましょう。2004年度「グッドデザイン賞」も受賞した商品でもあるんですよ。

内装建材「アルテシモ」は、インテリア素材として注目されているアルミと木質素材を組み合わせたシンプルでモダンなデザインの商品群。室内ドア・引戸をはじめ、間仕切り、収納など住まい一棟分を揃えることができるものです。

個性的な色合いは空間にさまざまなシーンを生み出してくれる。パステルグリーン、レッド、ホワイト
アルミの框部分と木質面材の個性的な色が大きな特徴で、これらを組み合わせることによって、アルミの持つシャープさと木質の持つ温もりが感じられるデザインとなっています。面材部分の色味は、鏡面仕上げのホワイト、レッド、ブルー、パステルオレンジ、パステルグリーン、そしてレトロウッドの6色があり、住まいのイメージカラーとして用いたり、部屋ごとに変化を持たせたりするなどアイデア次第。また、この面材部分をガラスや木目調のパネルを選ぶことも可能。よりモダンに、また落ち着きのあるシックな雰囲気を持たせることもできます。

仕切りを設けて空間の使い方も自由自在。隣の部屋の気配を感じることができる
ドアだけでなく引戸や可動間仕切りも空間の使い勝手をアップさせる建具のひとつ。限られた空間では、開閉部分にスペースが必要なドアよりも引戸が効率的といえるでしょう。以前は、引戸のデザインはあまり豊富ではありませんでしたが、最近は商品もデザインもバリエーション豊かになってきて、取り入れやすくなってきています。

もちろん、この「アルテシモ」の引戸もさまざまなデザインが用意されています。たとえば、アルミ框と半透明のアクリルパネルを組み合わせた引戸は、リビングダイニングなど空間を緩やかに分けたい時に向いています。アクリルパネルは部屋の灯りや気配を感じることができますし、広がりも感じることができるでしょう。同じように、収納部分の扉にアクリルパネルを用いれば、「壁いっぱい収納」とした時の圧迫感がなくなり、部屋全体に明るい雰囲気が生まれます。

次ページでは、性能面をみていきましょう。