【新商品】 YKK AP 
アルミインテリア建材「スクリーンパーティション Jタイプ」

目線や気配を完全に遮ることなく、開放感を生み出す格子タイプの間仕切り


最近の住まいは、リビング・ダイニング・キッチンをひとつの空間とした、オープンな間取りが多くみられます。しかし、広々とした開放感のある空間としたい、と願う一方で、生活シーンによってはある程度仕切りたい、というニーズも。メーカーからは、使い勝手に合わせて空間を仕切ることができる、間仕切扉やパーテーションなどの室内建具が多く提案され、さまざな空間演出が可能です。

YKK APからは、アルミ製の室内引戸・間仕切「スクリーンパーティション」に、明るい空間を演出できる木調細格子の新デザイン「Jタイプ」を発売。目線や気配を完全に遮ることなく開放感を演出する間仕切です。

アルミインテリア建材「スクリーンパーティション」Jタイプ 施工例

アルミインテリア建材「スクリーンパーティション」Jタイプ 施工例
 

■スリムですっきりとしたデザイン
新しい「Jタイプ」の特徴は、26ミリ幅の格子で構成された、スリムな印象の縦格子デザイン。アルミ素材の強度を活かし、中桟(横方向にに取り付ける部材)がなくても、最大2700ミリの高さまで対応することができるので、プランに合わせて取り入れることが可能です。

また、カラーは、あたたかみのあるインテリア空間に馴染む木調フレームなど全7色。モダンから和テイストまで、さまざまなインテリアにコーディネートすることができるでしょう。

■子供でも高齢の方でも使いやすい工夫も
落ち着いた色合いでシックなインテリアに

落ち着いた色合いでシックなインテリアに

格子と格子の間は、ガラスではなく透明樹脂板となっているので、大開口でも安心。また、フレームと一体となり、どの位置でも開閉しやすい全長形材引手は、小さな子供でも高齢の方でも使いやすいでしょう。

その他、格子と格子の間は指が入らないつくりとし、開閉時の指挟み防止にも配慮されています。閉める時も開ける時もゆっくりと確実にしまり、安心で静かなダブルクローズも取り入れられているのも特徴でしょう。

オープンな間取りでも、間仕切を上手に取り入れることで、使い勝手だけでなく冷暖房効率も高まり、省エネルギー効果が期待できます。空間を緩やかに仕切ることができ、シンプルなデザインの間仕切であれば、どのようなプランやインテリアテイストでも、プランニングしやすいのではないでしょうか。

■商品概要
<カラーバリエーション> 
全7色(ホワイト ウォールナット、クリア オーク、ナチュラル チェリー、ブラウン ノーチェ、キャメル チェリー、ミディアム ウォールナット、ダーク チーク)
<アイテム> 
室内引戸 /間仕切 スライディングタイプ/間仕切 スライディングタイプ L型コーナー
<仕様>
枠:アルミ形材、アルマイト/MDF、オレフィンシート
本体:アルミ形材、オレフィンシート
採光部:アクリル系樹脂板
<参考価格>
間仕切 スライディングタイプ 引違い戸(2枚建)上吊りタイプ 縦枠なし ダブルクローズ付
横幅(W) 1,590ミリ × 高さ(H) 2,442ミリ : ¥259,000
※ 参考価格は部材標準販売価格。消費税・現場搬入費・施工費等は含まず。

[詳細情報]  YKK AP 


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。