金属の質感を高めたシックな色合い

「インゴットシルバー」重厚感のある表面意匠。見る角度による陰影も楽しみたい
シンプルでモダンなデザインの金属系外装材Danサイディング「スパンサイディング」。その新しい色として発売されたのが、ファインメタリック塗装品の2タイプです。重厚なシルバー色調の「インゴットシルバー」とモダンな紺色の「オーシャンブルー」。「インゴットシルバー」は、表面の凸凹感を塗料の表面張力を利用して、鋳物のような質感を実現したもの。また、「オーシャンブルー」は、塗料表面を縮ませることで光を反射させる細波を思わせる風合いを持つもの。これらの特殊な処理を施すことによって金属の質感が高められているのです。表面材はガルバリウム鋼板(アルミニウムを55%含んだ亜鉛メッキを施した鋼板)、裏面材にはアルミラミネート加工クラフト紙、内部に硬質発砲ポリウレタンを充填しています。もちろん、Danサイディングのほかの柄と併せて張り分けることも可能。また、専用の役物が用意されている(横張り時)ので、スリットの連続性を崩すことなく連結することができるとか。

家に対する負担は少なく、断熱性能も高い

シックな雰囲気が漂う「オーシャンブルー」。サイズ:厚さ15ミリ、長さ3,030ミリ、3,788ミリ、働き幅303ミリ。価格:約14,700円/坪(4,457円/平方メートル)※価格には、役物、運搬費、施工費、消費税は含まれません
新色を含め、Danサイディング性能面をみていきましょう。まず、挙げられるのがモルタル壁に比較して約1/19の軽さなので、地震の際などに家にかかる負担が小さくてすむこと。また、モルタル壁の約43倍の断熱効果を持っているとか。防火性能面では、45分準耐火構造・防火構造認定を取得(木造下地、軸組構造/枠組構造)。そのほか、1000Hzの周波数帯で約40dBも音を小さくするという防音性能も。これは、交通量の多い交差点が病院の廊下の静かさになるというぐらいのだそうです。

外装材は住まいの印象を左右する大切なアイテム。その中でも金属系サイディングは、都市型のモダンなスタイルの住宅をはじめとして、注目の建材と言えるでしょう。異なる色や柄を張り分けたり、他の素材と組み合わせたり・・・わが家ならではの外観デザインを実現してみてはどうでしょうか。もちろん、街並みとのコーディネートも忘れずに。また、選ぶ際には、ショールームで実際の色やテクスチャーを確認するようにしたいものです。できるだけ大きなサンプルでチェックするのがポイント。可能であれば、施工例を見ておくと「イメージが違った!」ということもなくなるでしょう。もちろん、デザイン面だけでなく、外壁材としての性能面のチェックも重要です。メンテナンス方法なども併せて確認するようにしてください。

【詳細情報】
旭トステム外装
【関連情報】
どこが違う?どんな特徴がある? 外壁材の種類と特徴
人気は粘土瓦と窯業系サイディング 最新版 先輩達の屋根・外壁選び


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。