【 新商品 】
Danサイディング「スパンサイディング」ファインメタリック塗装 [旭トステム外装]

商品バリエーションが増えてきた金属系サイディング

金属系サイディングを張り分けて用いたモダンな印象の外観。石柄のデザインと深いブルーを組み合わせて個性的に。スパンサイディング(オーシャンブルー)+デュオストーン(SFカロンビアンコ)
住宅の外装材としてお馴染みのサイディングですが、ひとくちにサイディングといってもいくつか種類があります。セメントなどを主な原料に繊維質の木片、無機物を混ぜた「窯業系サイディング」、スチールなどの表面材を成形して断熱材を裏打ちした「金属系サイディング」、天然木や合板などの「木質系サイディング」。多く用いられているのは窯業系サイディングですが、シャープな印象のある金属系サイディングも注目されている素材です。

【関連情報】
どこが違う?どんな特徴がある? 外壁材の種類と特徴
人気は粘土瓦と窯業系サイディング 最新版 先輩達の屋根・外壁選び

「金属系サイディング」はアルミ、スチール(鉄)、銅、ステンレスなどを表面材に用い、それぞれポリウレタンなどの発泡樹脂で裏打ちされたもの。一般的な特徴としては軽量で施工のしやすいことが挙げられるでしょう。建物への負担も少ないことから、地震の際に建物への影響をおさえることができます。水分を吸わない素材なので凍害に強く、また、発泡樹脂で裏打ちされているため、断熱性や防音性も高いと言われています。「金属系サイディング」は、窯業系に比べてデザインやカラーバリエーションが少なかったのですが、最近は商品も増え選びやすくなってきています。今回ご紹介するのは、そんな金属系サイディングに個性的な塗装を施した商品です。

さて、どんな商品なのでしょうか。次ページでみていきましょう。