新商品
室内窓「マドモ」
[DAIKEN]


FIXタイプ・ガラスシェルフ
寝室と書斎の間の壁にコレクションを飾りつつ、灯りと気配を感じさせる工夫。[室内窓 マドモ] FIXタイプ・ガラスシェルフ
新しい住まいを考える時、「採光・通風のいい家にしたい」と誰もが思うものではないでしょうか。けれど、都市部などの狭小敷地であったり、近隣が迫っていたり、敷地条件が厳しい場合など、間取りや開口部に配慮した設計でも、どうしても光が足りない、風が通りにくい、そんな場合もあるでしょう。

今回、ご紹介するのは、空間と空間の間の壁に取り付けることで、光や風を室内に呼び込む室内窓。

どんな特徴のある商品なのか、ぜひ、チェックしてみてくださいね。


光・風だけでなく、空間演出としても

住まいの居心地を決める重要なポイントのひとつが開口部のプランニング。太陽の光や風を取り込む窓やドアなど、開口部の設置位置や大きさ、高さなどによって、快適さは大きく変わります。けれど、敷地や周辺環境によっては、住まい全てを明るくしたり、風が回るようにするのは難しい場合もあるかもしれません。

そのような場合、光や風が通りにくい空間への工夫として、欄間部分に透過性のある素材を用いたり、開閉出来るようにする場合もあるでしょうし、壁ではなく可動間仕切りを設置して、必要に応じて開閉できるようにするといったプランも考えられるでしょう。また、空間と空間の間の壁に開口部を設けることで採光・通風を図ることも。そんな場合に適するのが、今回ご紹介する室内窓製品群・新シリーズの「マドモ」です。

FIXタイプ・スタンダード 引き戸タイプ
寝室と階段との間に設けて、新鮮な風も取り込める。(上部)FIXタイプ・スタンダード (下部)引き戸タイプ

空間に光や風を届けるとともに、プライバシーを守りつつ、人の気配を感じることができる「マドモ」には、開き戸タイプ、引戸タイプ、FIXタイプがあるので、さまざまな用い方ができるのではないでしょうか。いずれも、色柄には、ネオホワイト、ネオベージュ、ピュアブラウンライト、ネオブラウン、ネオアンバー、スーパーダーク、シンプルホワイトの7色。表面は、オレフィンシート(開き戸タイプの扉表面はポリサンドシート)となっています。

次ページでは、それぞれの特徴をみていきます。