家づくりの総費用≠見積書の金額

家づくりにかかる費用は本体工事費だけではありません。全体の予算が決まったら、具体的に個々の項目に予算を割り当てて見積る必要があります。ここで大切なことは、見積書段階で本体工事費に含まれている項目はどこまでか本体工事費以外の別途工事費、諸費用はいくらかを知ることです。

◎本体工事費の項目リストはこちら家の価格はこうして決まる!

本体工事費以外にかかる費用は、
<工事前にかかる費用><工事中にかかる費用><工事後にかかる費用>
の3つに分けて考えられます。一般にこれらにかかる費用は本体工事費の20%前後といわれています。今回は家づくりの工期別に、別途工事・諸費用にはどんな項目があるのかを確認しましょう。

工期別別途工事・諸費用の内容

◎印--家づくりに必須の費用
・印--住まい方や依頼先など住まい手の選択によって費用にバラつきのある費用

【工事前にかかる費用
◎工事契約書に貼る印紙
◎確認申請に要する費用
◎近所への挨拶まわり
◎引っ越し費用
・設計料
・地盤調査費用(測量費用)
・仮の住まいの費用


【工事中にかかる費用
◎地鎮祭
◎上棟式
◎電気、ガス、水道工事(電柱移動、負担金など)
・職人さんへのお茶の費用
・設計変更に伴う費用(追加、変更など)
・現物支給に要する費用(取付など)

近年は上棟式や職人の方へのお茶出しなどが減っているようですが、気持ちを込めれば職人さんの思い入れも強くなり、それは必ず建物に返ってきます。お互い気持ちよく家づくりができるように、ぜひ行いたいものです。

【工事後にかかる費用
◎登記と税金
・エクステリア(外構工事)
・インテリア(カーテン、家具、調度品)
・落成のお祝い


価格の差は何の差か。
家の付加価値に関わる費用の見積もりはどうする?次のページへ