7・外部塗装にいい季節です
・網戸の点検
8・台風に備えて外廻り、窓廻りのチェック
9・冷房機器の手入れ
・草刈り
10・台風で傷んだ所はないか
特に窓廻りのコーキング
11・何か修繕する所があれば、当月中で
終わらせる。
12・凍害、雪害に備える
・大掃除で各部のチェック
参考:(財)住宅金融普及協会配布資料より

材質を知る

メンテナンスをするにあたって、材質をよく知っておくことが大切です。かえって汚れを大きくしたり、思わぬ損傷などのトラブルになりかねません。同じ空間にあっても床、壁、天井では使われている材が違います。よくわからない材料があれば、その材料の性質や特徴を聞いておきましょう。また、材料によってはメーカーが独自の洗浄剤などを販売しています。定期的にチェックしておきましょう。

新築時からメンテナンスを意識する

新築時にメンテナンスを想定してプランニングをしておけば、コストを抑えられ、メンテナンスサイクルを長くすることも可能です。メンテナンスは面倒だと思われがちですが、手を掛けて住まいを整えることによって愛着が増すものです。愛着を覚えると、次はこだわりが生まれます。愛着は長く住む家には不可欠要素です。

今年も残りわずかとなりました。改めて点検という視点で家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。


私は家づくりにおいて常に次の4つを大切にしています。
その名も4つの寿命を考えた家づくり!
“寿命を考えた家づくり4つの柱”
1.物理的寿命・・・丈夫で長持ち
2.心理的寿命・・・飽きがこない
3.生活的寿命・・・いつまでも住み勝手がよい
4.資産的寿命・・・スムーズに高く売れる
構造は物理的寿命、メンテナンスは生活的寿命に入ります。

関連リンク
●欠陥住宅にしないために 私にもできた!一戸建て診断
・・・欠陥住宅は、建設着工後住み始めてから気づく「こんなはずではなかった」という事態です。つまり欠陥住宅は未然に防げたはずのものなのです。専門家でなくてもできるチェックポイントをご紹介します。
● 迷うな悩め!建て替えか、リフォームか
・・・まだ住めるけれど住み心地の悪くなった家を変えたいと思ったら、どうすれば満足する家になるか考え、どちらにするか悩みましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。