お部屋のインテリアアイテムを選ぶ時にどんなことに気をつけていますか?一つ一つのアイテムはとても素敵なのに、「今ひとつ部屋がぱっとしないなぁ」ということありませんか?
私たちが暮らす部屋は、家具や照明、カーテン、小物などたくさんのインテリアアイテムで構成されています。これら沢山のアイテムをインテリアのイメージに沿ってセレクトするにには、ちょっとコツがいるのです。

今回は、アイテム選びが上手にできないという悩みの解消法をお伝えしましょう。

【関連記事】
素敵な部屋は自分スタイルから

イメージを決める3つのポイント

自分のライフスタイルにあったインテリアスタイルを考えたら、次はそのインテリアスタイルに沿って、インテリアアイテムを揃えていきます。

インテリアアイテムを選ぶときのポイントには、大きさや価格、機能性などがありますが、イメージも大事な要素。インテリアスタイルにあったイメージのものを選ぶポイントは【色】【素材感】【デザイン】です。


 
<INDEX>
 
 

イメージから色を考える

同じような形の家具でも色が違うことでイメージが変わってきます。写真Aと写真Bの椅子を見てみましょう。

写真A
資料:KAGOO
写真B
資料:KAGOO

こんなシックなアジアンスタイルにはダークカラーの家具が合います。

こんなシックなアジアンスタイルにはダークカラーの家具が合います。

同じデザインの籐椅子ですが、色が違うことで雰囲気が全く異なりますね。 
例えば右の図のような落ち着いたアジアンリゾートの空間には写真Bのブラウンのものが良さそうです。
反対に、写真Aの椅子は明るく華やかなヨーロピアンリゾートのイメージに合います。

 

このように色によって印象は大きく変わるので、自分の描いているインテリアのイメージにどんな色がふさわしいのかを明確にしておきましょう。残る2つのポイントは素材感とデザインです。
素材のイメージを見落とすな>>